健康・ヘルスケア

健康・ヘルスケア

マスクの内側に水滴がつく対策と蒸れる原因の結露予防で肌を守る方法

マスクの欠点の一つに、寒い時期のマスクの内側に水滴がつくということがあります。 いわゆる結露がマスクの中で起こっているのですが、マスクの内側がべたべたし濡れると蒸れる。口周りが気持ち悪いですよね。 また、メイクをしている女性なら、ファンデーション、リップスティックなどの崩れやベタ付きが気になることでしょう。 そこで、マスクの内側に水滴がつく対策と、その結露予防で肌を守る方法をご紹介します。また、マスクの内側が蒸れる原因や対策についても解説します。
健康・ヘルスケア

マスクすると暑いときの対策とミントスプレーが内側の臭いにも効果的!

寒い季節は着用すると暖かいマスクも、暑い時期になると息苦しくなってきますよね。 そのような場合は、暑さ対策に効果的と言われる、ミントスプレーを試してみませんか。 夏マスクとミントスプレーで、新型コロナウイルスや熱中症に負けない夏を送りましょう。
健康・ヘルスケア

マスクが暑い季節なのにいつまで着用する?夏場の工夫と解消方法

コロナの影響で、外出するときはマスクを着用することが当たり前の日常になってしまいましたね。それでも、コロナ感染も少しずつ落ち着いてきましたが、まだまだ油断はできません。 しかし、今後マスクが暑い夏を迎えるにあたり、いつまで着用しなければならないのでしょうか。 また、夏を迎えるにあたりマスクを着用することで暑いだけではなくより一層の熱中症対策も必要です。 マスクをいつまで着用するか、夏場の工夫と解消方法にはどんなものがあるかについて紹介します。
健康・ヘルスケア

頭が洗えない時はベビーパウダーで頭皮の臭いを改善!毛穴つまりに注意

頭が洗えない日が続いたり、頭皮から大量の汗をかいたりすると、髪の毛のべたつきや汗などの匂いが気になりますよね。 学生でいうと、部活の朝練からの授業とういう人も多いですよね。 朝から体を動かし、そのままシャワーも浴びることができない状態だと、髪の毛のべたつきや汗の匂いが気になってくるのが本音ですよね。 そんな時、ベビーパウダーを使ってドライシャンプーするのがおすすめなのです! ここでは、頭が洗えない時のベビーパウダー活用方法をお教えします!
健康・ヘルスケア

入院中お風呂に入れないとき頭皮・髪の毛ベタベタならコレ使って!

病院に入院中はなにかと自由が利かず、不便なことも多いですよね。 特に大型連休になると、看護師さんや医師などの人手が不足するため「入浴介助ができないため入浴禁止」となるところもあるようです。介護施設などを利用している場合もそうですよね。 とはいえ、入院中お風呂に入れないと頭や髪の毛のベタつきが気になりますよね。ここでは、入院中お風呂に入れない時の対処法を簡単に説明します!
健康・ヘルスケア

足の爪を切る頻度と切り方はスクエアオフ!これで切るタイミングと長さ

ネットニュースで話題になっている皮膚科の先生が患者さんに渡した「足の親指の爪を正しく切っていますか?」というチラシを目にしました。 みなさんは足の爪の切り方、どうしていますか? 私は看護学校で勉強するまで、爪の切り方に方法があることすら知りませんでした。 当時の私と同じように正しい知識がなく、自分オリジナルの方法やタイミングで爪切りをしている方も多いでしょう。 特に足の親指の爪トラブルを避けるためにも、正しい頻度と切り方、爪切り選びの際のポイントについて紹介します。 まず、爪切りを行う正しい頻度を知っておきましょう。
健康・ヘルスケア

目の下のしわの原因と20代なら食べ物の対策をして改善?!

まだ20代と若くても、様々な美容の悩みが出てきます。 そんな中でも特に気になりやすいのが目の下のしわ。 不健康に見えやすいですし、メイクでうまく隠すのが難しい部分なのでとても厄介ですよね。 そんなしわの原因は何なのでしょうか? しわの改善に効果的な食べ物と、すぐに始められる対策を紹介します。 まず、20代の目の下のしわの原因から見ていきましょう。
健康・ヘルスケア

蜂刺されを予防しよう!いざという時のアレルギー反応と対応法も解説

夏休みには子供とレジャーに出かけることが増えますよね。 楽しみな反面、屋外だと心配なのが蜂との遭遇です。 この時期は特に、蜂に刺されたというニュースを多く耳にしますのでより不安が大きいでしょう。 でも大丈夫。正しい知識を持っていれば予防も対応も可能です! 看護師の私が、蜂に刺されない為の予防法、刺されてしまった場合のアレルギー反応、正しい対応方法を伝授しますね。 まず、刺されるのを予防する方法から見ていきましょう。
健康・ヘルスケア

ヘルパンギーナと手足口病の見分け方と診断や治療方法!大人もうつる?

夏かぜの一つと言われるヘルパンギーナの患者が、国内37都道府県で増加しています。1医療機関当たりの患者報告数が最も多い三重県の場合、四日市保健所管内で警報基準値6.0人の2倍以上の12.9人、山口県では防府で8.0人、宇部で6.13人が罹患したという報告がありました。 今後も患者が増えることが予想され、いつ自分の周りでも流行するかもしれません。 またヘルパンギーナと同じような病症に夏かぜに手足口病がありますが、小さなお子さんがいる家庭では、ちょっと心配になりますよね。その似ているというヘルパンギーナと手足口病の見分け方、治療方法などをご紹介します。
健康・ヘルスケア

目の下のクマに悩む男性必見!病気がちに見えるクマ対策おすすめは

目の下にクマがあると疲れて見えたり、不健康に見えてしまいがちですよね。 そんなクマに悩まされている人も多いでしょう。 しかも、対策をとっても改善しないクマは病気かもしれません。 そんなクマの原因、病気の可能性、対策方法を紹介します。 まず、目の下のクマの原因について知っておきましょう。
タイトルとURLをコピーしました