いきなり残データが0にソフトバンクスマホでなった確認と回復の方法

PC・スマホ・通信

スマホでネットや通信、動画などを多く視聴していると、いつの間にか通信速度が著しく低下して驚くことがありませんか?

そのような時、まずは残データ容量を確認しましょう。

残データ容量0になると自働的に通信速度制限がかかります。

私は、出張中に初めて残データ容量0を体験し、Wi-Fiレンタルをすることになりました。

そこでソフトバンクでの残データ容量の確認と回復方法などについて、わかりやすく解説いたします。

スポンサーリンク

残データ容量が0になるとソフトバンクだとどうなる?


ソフトバンクでは残データ容量が一定量になると、予告メール通知が行われます。

そのまま使用して残データ量が0になると、請求月末まで通信速度が送受信時最大128bpsに低速化になります。

使用できなくなるわけではありませんが、通信速度が128bps以下になることでとても表示が遅くなります。

私の場合、自宅ではWi-Fiを使用しているため、まったく残データ容量を気にしていなかったこと。

さらに「残り200MBになりますよ」という予告メールもショートメールで来ていたですがソフトバンクからのメールを見ておらず埋もれたままに。

メールで知らせてくれていたにもかかわらず、インターネット回線の動きが遅くなってようやく気付いたのです。

ネットやメール、画像のダウンロードや動画などを視聴すると動きが低速になり非常にストレスがたまります。

・制限モード:データ定額パック
・・・残容量200MBになった時点で通知。

・制限モード:定額パック以外及びパケット定額サービス
・・・残容量1GB(追加データキャンペーン期間中は残容量200MB)になると通知。

・快適モード:データ定額パック
・・・初回追加料金発生200MB前・低速化開始200MB前のみ通知。

・快適モード:定額パック以外及びパケット定額サービス
・・・追加料金発生1GB前に通知。

残データ容量を確認するにはソフトバンクキャリアなら


ソフトバンクのスマホやiPhoneで確認する場合

①MY SoftBankへアクセスして、「メニュー」を開きます。

カテゴリーの中から「使用量の管理」を開き、トップの「利用状況」から「詳細を見る」を開きます。

「データ量の詳細」では、「残量」「使用量」「総量(合計)」の確認ができます。

パソコン・iPadで確認する場合は、MY SoftBankへアクセス→「使用量の管理」→「データ使用量の管理」→「詳細を見る」→「データ量の確認」となります。

スポンサーリンク

残データ容量の回復はソフトバンクの場合持ち越しは?


残データ容量の使用は契約した締め日の請求月末(日)までなので、翌請求月(日)の開始日に自動解除され回復します。

ソフトバンクは契約締め日は3種類あります。

・末日締めの方(1日~末日)・・・低速化した日(1日~末日)の場合翌月1日に回復。

・10日締めの方(11日~翌10日)・・・低速化した日(1日~10日)の場合当月11日に回復。低速化した日(11日~末日)の場合翌月11日に回復。

・20日締めの方(21日~翌20日)・・・低速化した日(1日~20日)の場合当月21日に回復。低速化した日(21日~末日)の場合翌月21日に回復。

ソフトバンクのデータ定額サービスの中で、データが5GB~50GBに申し込んでいる方は、余ったデータ量を翌月に繰り越し(100MB単位)で利用することができます。

例えばデータ定額5GBを契約している方が今月4GBしか使用していない場合、余った1GBは翌月の5GBに繰り越し(5GB+1GB=6GB)になり、合計6GBまで使用できます。

ただし、その翌月も4GBしか使わなかった場合、前々月の繰り越し分は消えてしまい、さらにデータ使用の順番は【定額分5GB】から使用が開始されます。

例)
1月利用開始時
【データ定額5GB+1GB(12月の繰り越し分)=6GB利用可能】

1月利用終了日
【データ定額5GBー4GB(1月利用分)+1GB(12月の繰り越し分)=2GB(余り】

2月利用開始時
【データ定額5GB+1GB(1月分の繰り越し)=6GBから利用開始】

このように、繰り越されたデータ通信分はすべて積み立てられるわけではなく、前月の余った分しか繰り越されませんので注意してくださいね。

なお、「データ定額50GBプラス・データ定額ミニモンスター・ミニ1GB・ミニ2GB」は対象となりません。

通信速度の回復日を待てないときは、1GBごとに1,000円(税抜き)で追加データ量を購入すると、すぐ通常速度に戻す方法もあります。

しかし、画像のダウンロードや動画再生などをするには、1GBのデータ通信量ではあっという間に使ってしまいます。

私の場合、20日締めの契約なのですが、制限速度がかかったのが月末。

なんと、まだ20日間もあったので、まず1GB、1,080円(税込み)で購入しました。

しかし、メールやサイトの閲覧、画像のダウンロードなどで動画の視聴はしていなくても1GBを使い切ったのは2時間ほど。

さらに1GB追加購入して、できるだけ何もせず(笑)最低限のメールやサイト閲覧だけにして、その1GBを節約しつつポケットWi-Fiレンタルを申し込みました。

契約締め日にもよるとは思いますが、4GB以上のデータ通信量を追加で欲しい場合は、ポケットWi-Fiのレンタルをおすすめします。

結果、私は2カ所のWi-Fiレンタル屋さんからレンタルすることになりました。

無制限のポケットWi-Fiのレンタル比較はこちらにまとめてあります。

wi-fiレンタル国内即日受け取りするなら?無制限や短期間にお得なプラン
Wi-Fiは無線LANで、パソコン、スマホ、タブレットの相互通信やWi-Fi対応のエアコン、テレビなどの電化製品の設定・操作がインターネットを通じて行えるので、とても便利ですね。 一般的には、ルーターを購入し自宅に設置してWi-Fiの環境を整えます。 ですが、ほかにも国内旅行や出張などの短期間用で持ち運びができるポケットWi-Fiレンタルもあります。 そのポケットWi-Fiレンタルについて解説します。

まとめ

通信速度の制限がかかると、動画などの視聴だけじゃなく、画像を開いたりダウンロードしたりすることができなくて困りますよね。

月の途中途中で確認しながら、よく使いそうな月はプランを変更するなど対策をしてくださいね。

スポンサーリンク