お盆礼とお中元の違いは?のし袋の色とお寺さんに渡すタイミングは?

お祝い・お見舞い

お盆に妻や夫の実家に行った時、仏壇のそばに「お盆礼」と書いたのし袋を見たことがありませんか。

自分の実家では、お中元はあってもお盆礼というのし袋を使う習慣が無いので、一体これはどんな意味があるのだろうと疑問に思ったりしますよね。

お盆礼はお布施やお中元と同じという人もいるし、違いは何でしょうか。

またお寺さんにお布施を渡すときのタイミングは、いつがよいのでしょうか。

スポンサーリンク

お盆礼とお中元の違いは?


お盆礼は、お盆の時期にお寺さんに自宅にお参りに来てもらった時のお礼を包むときに使います。

いわゆるお布施と同じですね。

またお盆の頃に日頃お世話になっている親戚や知人の家にご挨拶に伺うときに、品物を贈ることもお盆礼と言います。

このように二つの意味を持っていますが、これらの風習について、お盆礼という言葉を使う地域や使わない地域があります。

お中元は、同じように日頃お世話になっている方に感謝の気持ちや、またはこれからもよろしくお願いしますという気持ちを込めて贈るものです。

お盆礼とお中元の違いは、お盆礼は布施とお中元という二つの意味を兼ねていますが、お中元自体はお布施の意味は無いということです。

贈る時期もお中元は、関東では7月上旬から7月15日位で、関西は7月上旬から8月15日までと言われています。

いずれにしても、7月中のお中元ならお盆礼とは言いません。

お盆礼は、お盆のお布施、お盆の時期のお中元として使う地域がある、と理解すると良いでしょう。

お盆礼ののし袋の色は?無地でも良いの?


お盆礼をお盆の棚経のお礼として渡すのなら、のし袋は市販のお布施用の袋や白い封筒(無地)で構いません。

棚経とは、お盆などにお寺さんが檀家の家にお経をして周ることを言います。

お盆礼をお中元として渡す場合は、紅白の蝶結びでのしは付けた方が良いです。

ただし、品物で魚や肉などの生臭い物にはのしは付けないようにします。


スポンサーリンク

お盆礼ののし袋の書き方とお寺さんにお布施を渡すタイミング


お盆礼をお布施として使う場合は、お布施用の袋や無地の封筒の表に「御盆礼」、下段に自分の氏名を書きます。

住所を入れる場合は、裏面に住所を書くと良いです。

また、御盆礼と書かないで「御布施」と書いて渡しても、問題はありません。ほとんどのお寺さんは気にしないで受け取ってくれます。

お中元をお盆礼として相手に渡す場合は、のし袋の書き方はお中元の文字が「御盆礼」と変わるだけで、他の書き方は一般のお中元と同じです。

棚経でお寺さんにお布施を渡すタイミングは、お経が終わったあとに冷たいお茶などをお出しして、一休みしたときに渡すと良いです。

渡す時は手渡ししないで、小さなお盆にのせて渡すようにしましょう。

お寺さんが忙しくて一休みしない場合は、お帰りになる際にお礼を述べてお渡しします。

まとめ

お盆礼はお盆の時期に使う言葉ですが、全国的に統一されているものではありません。

それぞれの地域の風習に従い使うようにすると良いでしょう。

お盆礼を使うかどうか迷う場合は、周りの人に尋ねると良いですね。

わからなければ、お布施と書いておくと間違いないですよ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました