chromeのリーディングリストが消えた対処法!ブックマークとの違いと追加・削除方法

chromeleadinglist PC・スマホ・通信

chromeのリーディングリストに追加してあるサイトやPDFが突然消えた。

私はchromeで毎日閲覧してすぐ閉じるサイトをリーディングリストに登録してあったため、ブックマークバーからなくなったリーディングリストが探せない!という事が起こりました。

普段chromeの画面右上に出ていた【リーディングリスト】の文字が非表示になっていて慌てたので、同じようにchromeのリーディングリストを表示させたい場合の対処法について共有します。

他にもリーディングリストとブックマークの違い、chromeでリーディングリストへ追加する方法や削除する方法も紹介します。

スポンサーリンク

chromeのリーディングリストが消えたらブックマークバーの上を

chromeのリーディングリストが消えたら、まずはそのブックマークバーの上のツールバーを見てください。

今までリーディングリストは、ブックマークバーの一番右。

「その他のブックマーク」フォルダの右隣にありました。

そのリーディングリストがブックマークバーからなくなった代わりに

このようにツールバーのユーザーの左隣、拡張機能の右側に四角い箱のようなアイコンが登場しています。

chromeリーディングリスト

これは、chromeのアップデートによるもので、新機能「サイドパネル」が有効化されたことによる影響を受けています。

リーディングリストはツールバーにある四角いアイコンをクリックします。

今現在開いているタブページの横に、今まで登録していたリーディングリストが表示されます。

表示させたいリーディングリストをクリックすると、今開いているタブページの上に上書きされるかたちで表示されます。

リーディングリストとブックマークの違いchrome版

リーディングリストとブックマークの違いはchromeに限らずiPhoneのsafariでも同じ役割を持っています。

リーディングリストとは、ウェブサイトの構造ごと保存して後で読むことを可能にした機能です。

「後で読む」を代表するサービスではPocketが有名ですが、chromeから出てPocketという外部サービスを使います。

その機能がchrome自体が持ったということになります。

ブックマークとの違いは、リーディングリストがウェブサイトの構造ごと保存するのに対して、ブックマークはURLを登録します。

さらに、リーディングリストの良さは、「既読」「未読」が判別できるところです。

後で読もうと思ったサイトやページを「既読」しているか「未読」なのかが一目で分かるようになっているのがリーディングリストの特徴でもありますね。

スポンサーリンク

chromeのリーディングリストから削除や追加をする

chromeのリーディングリストからページを削除や追加する方法は以下の通りです。

リーディングリストは、一度開くと【既読のページ】へと振り分けられ残ります。

リーディングリストから削除する方法

また、読み返したい場合はそのままにしますが、不要になってそのページを消したい場合は、タイトルの上にカーソルを乗せます。

そうすると、タイトル右側に「チェックマーク」と「×」が表示されます。

チェックマークをクリックすると「未読」へ移動。

未読にするメリットはリーディングリストの上部に移動するので次回開いたときに見つけやすくなります。

×マークをクリックするとリーディングリストから削除されます。

リーディングリストから削除してしまうと履歴には残らないため、また見返したいと思うサイトならブックマークに入れておきましょう。

リーディングリストへ追加する方法

読みたいページのタブを右クリックします。

右クリックするとメニューのなかに【リーディングリストにタブを追加】が表示されるので、それをクリックするとリーディングリストに追加されます。

まとめ

chromeのリーディングリストが消えた時の対処法について紹介しました。

リーディングリストとブックマークの違いはchromeでもMacのsafariでも同じ役割をもちます。

リーディングリストはそのページ(サイト)の構造ごと保存し、オフラインでも閲覧が可能になります。

一方ブックマークはURLで保存するので読み込みに行く必要があります。

そのchromeのリーディングリストに追加したり削除したりする方法も紹介しました。

リーディングリストは既読、未読の判別もできる機能がブックマークとは違う良さを持っているといえますね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました