金沢の桜が満開の時期と尾山神社もお花見の映え場所人気スポット!

地域・スポット

3月になると一気に春らしくなってきますよね。

春といえば桜、金沢の桜でお花見の計画を立てている人も多いのではないでしょうか。

せっかく桜を見るなら満開の時期に金沢でも桜の名所に行きたいですね。

わが家は毎年1回は県外にも足を延ばしてお花見をしています。

全国たくさんある桜の名所のなかでも金沢でのお花見が印象的でした。

そんな金沢の桜の名所や見どころ、SNSでも人気スポットの尾山神社を紹介します。

ぜひ、金沢のお花見で桜を満喫してきてください!

スポンサーリンク

金沢の桜満開の時期はいつ頃?


お花見を計画するときに一番悩むのが日にちをいつにするかではないでしょうか。

金沢の開花予想は4月1日頃、満開予想は4月7日頃となっています。

3月下旬~4月は何かと忙しい時期なので桜の開花、満開予想に合わせて計画してもその年の気温によって開花が前後します。

1日ずれただけでも満開を逃してしまうのでこの頃は桜の開花予報を毎日チェックするようにしましょう。

さくら開花予想のホームページはこちら

金沢尾山神社の桜の紹介


金沢の名所として一度は見てほしいのが尾山神社です。

境内に入るために通る神門は明治8年の建築で、和漢洋の三洋式を混用した異色の門です。

この傍らにあるソメイヨシノは数本ながらとてもきれいです。

まさにSNS映えするポイントですね!

場所は、〒920-0918 石川県金沢市尾山町11−1

境内に入っていくと有名な「兼六園菊桜」があります。

金沢特有の品種であるこの桜はその名の通り菊のように花びらが300枚以上重なり、ポンポンとした丸い形がとてもかわいらしいです。

もちろん兼六園に咲いているのですが、尾山神社のほうがゆっくりと観賞することができると思います。

開花時期が、4月下旬~5月上旬となっているのでゴールデンウィークに見に行くのにちょうどいいですね。


スポンサーリンク

金沢の桜人気の場所と観光スポット


金沢の桜といえばここ!という名所をご紹介します。

兼六園

日本のさくら名所100選になっているザ・金沢!という場所ですね。

ソメイヨシノの満開時期が過ぎてしまっても他に数種類の桜があります。

それぞれに開花時期が異なるので4月~5月上旬まで楽しむことができます。

金沢城公園

兼六園に行ったらぜひ足を延ばしてみたいスポットです。

夕方~夜にかけてライトアップされるのでいろんな表情を見ることができます。

卯辰山公園

約250本の桜が圧巻です。車でドライブしながらお花見をすることもできるので時間のない人でも楽しめます。

桜の合間から見える町並みも美しいです。

ここに挙げた以外にもたくさんのスポットがあり、春の金沢全体が美しい景観となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

桜の季節は道路が渋滞することもあるので兼六園周辺に行くなら駅の周辺に車を止めて周遊バスで行くのもおすすめです。

花よりだんごの人は近江町市場や街のおいしいスイーツを食べ歩いても楽しいですね。

ぜひ参考にしていただき、春の金沢を満喫してくださいね。

スポンサーリンク