当サイト内に広告を含む場合があります。

冷やしきゅうりの一本漬けを屋台で売るなら?業務用なら個包装ですぐ食べれる!

グルメ・お土産

夏にピッタリの爽やかな冷やしきゅうりの一本漬け、屋台の味の簡単な作り方からプロ仕様の業務用についてご紹介します!

自宅で簡単にできるレシピから、大量提供に便利なすぐ食べれる業務用の情報まで、冷やしキュウリの一本漬けの魅力を余すところなくお届けします。

新鮮なきゅうり浅漬けの素で、冷やしきゅうりの屋台の味を再現しておいしい一本漬けを楽しみませんか?

さらに、最安値で手に入るおすすめのオンラインショップも紹介しますので、キュウリ好き必見の記事です!

早速チェックして、この夏を美味しく彩りましょう。

スポンサーリンク

冷やしきゅうりの一本漬けを屋台で売るときに必要なもの

きゅうりの一本漬け

きゅうりを屋台で安全に売るためには、食中毒対策が肝心です。

屋台などで食品を提供する場合は、各地域の食品衛生法による保健所の許可が必要であり、適切な加工や調理、温度管理が求められます。

ただし、調理が簡単であれば、保健所の許可は必要ありません(ただし、現在は各地域によって許可が得られない場合もあります)。

そのため、塩分濃度の低いきゅうりの浅漬けなどは、適切な食材の消毒や温度管理ができない場合、菌の繁殖がしやすくなるため注意が必要です。

きゅうりの一本漬けを屋台で販売する際には、以下の点に特に留意しましょう。

  • 原材料は十分に流水で洗浄します。
  • きゅうりを次亜塩素酸ナトリウム溶液などで一旦殺菌します。
  • 保管や組み込みには、10℃以下の低温を維持できる環境を整えます。
  • 調理の際は、アルコール消毒した手袋や道具を使用します。

また、きゅうりを屋台に並べる際には、ザルや氷の上に直接並べることは避けるべきです。

なぜなら、氷に触れている箇所は低温に保たれますが、接触していない箇所は十分に冷えない可能性がありますあります。

その代わりに、きゅうり全体が沈む程度の深さの入れ物に大きめの氷を入れ、氷水と一緒にきゅうりを置くことが重要です。

並べるのは数本に決めて、残りはクーラーボックスなどに氷とともに保管お待ちしております、売れたものと交換しましょう。

これらの対策期間中に、きゅうりの一本を安全に提供し、食中毒のリスクを考慮することができます。

きゅうりの一本漬けの漬ける時間とレシピ


簡単にできる美味しいきゅうりの一本漬けのレシピをご紹介します。

【材料】

きゅうり:4本
浅漬けの素:かつお風味やこんぶ風味など、お好みのものを2本

【作り方】

  1. きゅうりを流水でよく洗います。
  2. 容器にきゅうりを並べ、浅漬けの素を振りかけます。
  3. 漬ける時間は冷蔵庫で1日間となります。
  4. きゅうりに割り箸を刺しておきます。

今回のレシピは、美味しい浅漬けの素を使うため、簡単に作れるだけでなく確実に美味しさを楽しめる一品です。ぜひお試しください!

屋台で提供する際には、きゅうりの本数に応じて浅い素の量を調整してください。

また、屋台を出す当日までには、一本の漬け置きを終えておくことが大切です。

美味しい一本は、屋台の看板メニューとして大きな魅力となること間違いなしです。 ぜひ皆様に楽しんでいただけるよう、心を込めて作って漬けてください。

---------

スポンサーリンク

きゅうりの一本漬けは業務用なら個包装ですぐ食べれる


一方で、手間がかかることや味に自信がない方には、業務用で販売されているきゅうりの一本漬けを利用できますする方法があります。

業務用の便利な点は、個包装ですでに1本として大量のきゅうが漬かっているため、袋を開けるとすぐに食べられるということです。

また、袋に入っているので漬け保管も簡単です。

ただし、業務用は80本入りが一般的で、オンラインショップなどで購入すると、1本当たりの単価が自作よりもかなり高くなります。

ちなみに、「冷しきゅうの一本漬け・浅漬け・80本入り」の価格は8,480円となっております。

冷しきゅうりの一本漬け 個包装 80本
※2019年6月末までの価格になります。お届け日を備考欄にご記入ください。指定範囲は5営業日以降となりますがお急ぎの場合ご連絡ください。<<こちらの商品は特別配送料金となります>>1ケース事に下記送料をご請求させて頂きます。■【北海道】 2、440■【青森】【岩手】【秋田】 2、117■【宮城】【山形】【福島】 2、0...

1本当たりの価格は106円前後で、送料も2,000円~2,500円かかるため、最終的には1本当たり134円程度となります。

しかし、自作のきゅうりの一本漬けの場合は、きゅうり1本当たりの価格が100円(2022年平均)で、さらに浅漬けの素代金が必要になります。

2023年1月1日~2023年3月31日までのきゅうりの一本当たりの平均価格は、1本あたり100円です。

きゅうりの価格は、季節や産地によって変動します。

夏場は安く、冬場は高くなります。また、産地によっても価格は異なり、関東地方で最も安く、九州地方で最も高くなっています。

きゅうりは、夏野菜なので夏場はスーパーで特価販売されています。

そうなれば、仕入れ単価が抑えられますので業務用のキュウリの一本漬けを買うよりは安く作る事ができます。

どちらを選ぶかは、便利さや管理のしやすさを重視するか、価格上限の高低を考慮するかによる選択となります。

自作は手間がかかるかもしれませんが、自分好みの味を追求できる魅力があります。手間や予算に合わせて選ぶと良いでしょう。

まとめ

キュウリの一本の作り方と業務用について、様々な魅力をご紹介しました。

自宅で簡単に作れるレシピは、新鮮なキュウリの浅漬けの素で本格的な漬け味を楽しみます。

時や大量の提供を考えるなら業務用がおすすめです。プロ仕様の便利さと管理のしやすさで、おいしい一本漬けをたくさんの方に提供できます。

さらに、特別なオンラインショップではお得な価格で手に入る業務用もあります。

この夏は、キュウリの一本漬けでさわやかな食卓を演出してみてください。

家族や友人と楽しいときを過ごすこと間違いなしです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました