ペイペイ決済方法は?クレジットカードポイントもつくならデメリットなし?

PC・スマホ・通信

2018年10月にqrコード決済「ペイペイ」のサービスの提供が始まり、圧倒的な人気で話題になりました。

でもその後ソフトバンクの通信障害や、ペイペイの不正請求トラブルが続出して安全性が問われ、勢いが止まった感がありますね。

安全性に問題がなくなれば、キャッシュレス化の中心的システムの一つとなるのは間違いないでしょう。

そのペイペイの決済方法や情報についてご紹介します。

スポンサーリンク

ペイペイの決済方法と仕組み


ペイペイは、スマホを利用したqrコード決済なので、事前にスマホにアプリをダウンロードし、クレジットカード登録をします。

支払いはペイペイ残高(チャージ)、Yahoo!マネー、クレジットカードが利用できます。

ペイペイ残高へのチャージは、2年以内に使用しなければ、全ての残高が無効になるので注意が必要です。

現在ペイペイが使える店舗は、ビックカメラ、YAMADA電気などの家電量販店、ファミリーマート、白木屋系列、和民系列、眼鏡市場などです。

多くはありませんが、今後参入店舗は増えていくと思います。

決済方法は、ペイペイの加入店舗での支払時に「ペイペイで支払います」と伝えます。

・qrコードの置いてある店では、自分のスマホでqrコードを読み取り、支払う金額をアプリで入力して店員さんに確認してもらい、アプリ画面で決済完了をします。

・qrコードを置いていない店は、自分のスマホのqrコードを店の読み取り機で読み取ってもらい、金額を確認して支払い完了です。

ペイペイはクレジットカードのポイントもキャッシュバックも?


ペイペイでクレジットカード支払いの場合は、通常のクレジットカード支払いと同じようにポイントが付きます

ペイペイでは、2018年12月4日から2019年3月31日までの期間「100億円あげちゃうキャンペーン」が行われました。

内容は、ペイペイ決済で支払った金額の20%相当のキャッシュバック(ペイペイボーナス・月額50,000円上限)です。

しかし、2018年12月13日に100億円相当に達したため終了しました。

2018年12月現在、ペイペイでは新たなキャンペーンを予定しているとのことですが、具体的な情報はありません。

現在のキャッシュバックは、ペイペイ新規登録で500円相当プレゼント。

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーであれば、新規登録と支払い登録で1,000円相当のプレゼントがあります。

またペイペイで支払いをすると、支払金額の0.5%相当のペイペイボーナス(月5,000円上限)付与は現在も行われています。


スポンサーリンク

ペイペイのデメリットと他qrコード決済との比較


口コミなどで指摘されている主なデメリットは・・・

ペイペイのデメリット

・登録できるクレジットカードは、VISA・MasterCard・JCB(Yahoo!Japanカードのみ)の3種類しかない

 ちょっと少ないですね。

・クレジットカードでの支払いが過去30日合計5万円以上できない

・2018年12月現在、使用できる店舗が少ない

ペイペイ・とline pay・楽天ペイを大まかに比較すると

ペイペイ

ポイント還元0.5%

・1回当たり上限は加盟店で異なる。

・支払いはチャージ残高、Yahoo!マネー、クレジットカード。

line pay

ポイント還元3.5~5%

・1回当たり3万円

・支払いはチャージ残高(残高0でもクレジットカードで支払い可能)

楽天ペイ

ポイント還元0.5~1%

・1回当たり2万円

・支払いは登録したクレジットカード。

まとめ

キャッシュレス化を目指して様々なqrコード決済が登場していますが、どれが良いか迷ってしまいますね。

今は加盟店も少ないので、今後の各社のサービス内容を検討してから選んでも遅くは無いと思いますよ。

スポンサーリンク