医師への手紙の例文は死亡した家族からお礼を主治医へ伝える書き方

ハガキ・手紙の書き方

入院していた病院で親など家族が亡くなって少し落ち着いた頃。

入院中に、お世話になった病院の主治医にお礼を伝えたいって思いますよね。

ただ、電話するには一方的になって忙しい時間を奪ってしまうし、品物を送るだけというわけにはいけませんよね。

そのような場合、入院中のお世話になった感謝の気持ちを手紙で伝えるというのはどうでしょうか。

医師や主治医へのお礼の手紙について、例文を参考にご紹介します。

スポンサーリンク

医師への手紙の例文~死亡した患者の家族編~


死亡した患者家族から医師への例文の流れと解説です。

拝啓

晩春の候、▲▲先生様その後お変わりございませんでしょうか。

母が入院の折りには、懸命な診察治療をしていただき、お世話になりました。

 しかしながら、母は皆様に看取られながら霊界へ旅立ちました。

生前母も▲▲先生を始め、スタッフの皆様の温かいお気遣いにふれ、母も大変感謝していたと思います。

 娘の私▲▲から、母に成り代わって厚く御礼申し上げます。

寂しい気持ちもありますが、母の分まで私が力強く生きていこうと思っています。

▲▲先生、スタッフの皆様の今後のご活躍とご健康をお祈りいたします。

本当にありがとうございました。

かしこ

▲▲月▲▲日  山田 桃子

例文解説

①頭語です。

②時候の挨拶文です。季節に合わせたものを選びます。

③入院中のお礼と母が亡くなったことを書きます。

④亡き母も感謝していたということを伝えています。また自分の感謝の意も伝えます。

⑤現在の気持ちや、これからの自分の心構えを伝えます。

⑥相手の安否を気遣う言葉です。

⑦結びのお礼です。

⑧結語です。

⑨日付と署名(自分の名前)

医師宛てにお礼の手紙の例文


無事退院できた場合の例文の流れと解説です。

拝啓

春風の候、▲▲先生におかれましては、ますますご活躍のことと存じます。

2年間の長期入院の際には、とても親身に診察・治療をしていただきありがとうございました。

先生のお蔭で、退院後も順調に回復することができ、本当に感謝に堪えません。

季節が変わり始め、忙しい身で体調をくずしやすいと思います。どうぞご自愛ください。

入院中はお世話になり、本当にありがとうございました。

敬具

▲▲月▲▲日  山田 耕一

例文解説

①頭語です。

②時候の挨拶文です。

③入院の時にお世話になったお礼です。

④現在の回復状況や近況を伝えます。

⑤相手の安否を気遣う言葉です。

⑥結びのお礼言葉です。

⑦結語。

⑧日付と署名(自分の名前)


スポンサーリンク

主治医へ手紙の書き方の注意点


①手紙には頭語と結語を入れるようにしましょう。男性なら「拝啓・敬具」、女性なら「拝啓・かしこ」と入れます。

②やさしい印象の文章にしたいのなら、「有り難うございました→ありがとうございました」、

 「治療をして頂き→治療をしていただき」など補助動詞はひらがなにしましょう。

③何に対するお礼かを伝えます。日頃の診察治療に対してか、最後の延命治療かなどですね。

④無理して文学的や感動的な表現をしない。

⑤長文はなるべく避けて、内容もわかりやすくします。

まとめ

例文は形式的なものを記載しましたが、お礼の手紙に決まった形式のものがある訳ではありません。

素直に自分の思っていることや、感謝の気持ちをそのまま伝えることも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました