日焼けしても赤くなるだけ!黒くなる人との違いは?ヒリヒリ肌対策

健康・ヘルスケア

今から夏にかけて気になるのが、お肌の大敵!日焼けですね。

日焼けをしてもただ赤くなるだけの人と、黒くなる人がいますが、その違いは一体何なのでしょう?

これは肌をいつまでもきれいに保つためにも間違いなく知っておきたい知識です。

その違いの謎についてと、ヒリヒリ肌対策を分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

日焼けしても赤くなるだけなのはなぜ?


日焼けの原因となる紫外線は主に2種類あります。

肌の奥まで届くA波(UVA)と、奥まで届かずにほとんどが表面に吸収されるB波(UVB)です。

肌表面に吸収されたB波によって細胞の核が傷つき、肌が赤くなってしまいます。

この状態を「サンバーン」と呼びます。

サンバーンの状態になると、血管を広げる物質が細胞の中で作られ、血管が広がって血液量が増えます。

この流れる血液量の増加に伴って肌が赤く見えるという仕組みなのです。

実はこの赤くなっている状態は、火傷と同じ状態なのです…

肌が赤くなったら、もうこれ以上耐えられないという肌からの危険信号だと覚えておきましょう。

ひどくなるとヒリヒリした痛み、ほてり、水膨れ、頭痛や発熱、脱水症状を伴う場合もありますので、ただの日焼けだからと甘く見ていては危険です!

そう考えると、確実に対策が必要なのが分かりますよね。

日焼け肌赤くなる人と黒くなる人の違いは?


その違いは“メラニン生成が活発かどうか”にあります。

基本的に色黒の人はメラニン生成の活発なタイプが多数で、色白の人はメラニンの生産量が少ないタイプが多数と言われています。

肌が赤くなる日焼けは上記で紹介したように「サンバーン」、すぐに肌の色が黒くなる日焼けを「サンタン」と呼びます。

サンタンは紫外線を浴びるとすぐにメラニンを生成し、細胞の核の損傷を防ぐことが出来ます。

このタイプは細胞が紫外線によるダメージを多く受ける前に黒くなるので、細胞の損傷が少なく肌が炎症して赤くなることはあまりありません。

一方サンバーンは、メラニンの生成が少ない分細胞の損傷が重度になりやすく、肌が赤くなってしまうのです。

肌はメラニンによって黒くなるので、メラニンの生成が少ないタイプは肌が「黒くなりにくい」とも言えます。

なので、日焼けしてもただ赤くなるだけに見えるのです。

でもこれはそう見えるだけで、多少は黒く日焼けしているのですよ。

(サンタンで肌が黒くなるのは3日後~1週間後と言われています)


スポンサーリンク

日焼けして赤くなる前にヒリヒリ感があれば対策!


一番大切なのは、日焼けする前に紫外線対策をしっかり行うことです。

外に出る前に、日焼け止めを塗って帽子をかぶりましょう。

それでも紫外線をすべて防止できるわけではありません。

日焼けしてしまったら「保湿」と「冷却」です。

日焼けの後に塗るクリームやローションも多数売られていますので、そういったものを使用してみるのもいいですね。

わざわざ日焼け後に塗るものを購入しなくても、美容マスクを冷蔵庫で冷やしておいて使用すれば保湿、冷却が一度にできますよ(^^)

炎症した肌を優しくケアしてあげましょう。

ケアをしてもヒリヒリがよくならない場合は、皮膚科にいって診察を受けてくださいね。

まとめ

日焼けのメカニズムとケア方法を紹介しました。

これから紫外線が強い日が続きます。

しっかりした対策とアフターケアが、いつまでもきれいな肌でいるためになによりも重要なポイントです。

外に出かけるのを楽しみながらも、肌をしっかりといたわり、充実した素敵な夏を過ごしてくださいね(^^)

スポンサーリンク