金沢観光短時間でも上手な回り方は朝市や半日モデルコースの紹介

地域・スポット

石川県の県庁所在地で北陸最大の都市であるにも関わらず、いまだに城下町の残像を色濃く残す町でもある金沢。

その雰囲気に癒やされる町ですよね。

私も今まで行ったなかでも金沢はもう一度行きたい町の上位に入っています!

そんな金沢を短時間でも上手に楽しむための回り方、おすすめの朝市について、半日で回る場合のモデルコースを紹介します。

スポンサーリンク

金沢観光上手な回り方


まず、金沢の観光スポットはコンパクトに詰まっているので、バス、徒歩、自転車、タクシーを上手に利用して回るのがいいでしょう。

回り方は金沢駅をスタートして時計回りに一筆書きで回ると効率的です。

バスは乗り放題チケットが500円で買えますので、それを利用するととても便利でお得ですよ!

具体的な利用方法を紹介します。

1、金沢駅からカフェやレストランが豊富にあるひがし・主計町茶屋街に行きたい場合は、タクシーを利用するのがおすすめ

金沢の見どころの一つであるひがし・主計町茶屋街は時計回りのルートでも最初にくるスポットなのです。

駅前から周遊バスが出ていますが、とてつもなく混んでいます。

そのため、最初の目的地までは思い切ってタクシーを利用すれば、気持ち的にも楽に観光をスタートすることができます。

距離もそこまでありませんので、料金は1000円程度です。

2、ひがし・主計町茶屋街から兼六園・金沢城に行く際は、バスか周遊バスを利用するのが良い

周遊バスは金沢駅から乗ろうとすると混雑していますが、ひがし茶屋街から乗れば余裕をもって乗車可能なんです(^^)

ですので、バスを利用してもいいですし、ひがし茶屋街派出所横にあるレンタル自転車(200円で借りられます)を利用して、金沢の街をサイクリングしてもいいですね。

3、兼六園・金沢城から金沢21世紀美術館は徒歩で行きましょう

こちらはとても距離が近く徒歩圏内です。お堀通りを歩いて下れば金沢城の石垣の見事さも楽しめますよ。

金沢観光朝市もおすすめ


金沢朝市の近江町市場は、日本海でとれた新鮮な魚や青果等の食材から生活用品まで約180種類以上の商品が並びます。

売り子さんの威勢の良い声が響きわたる活気あふれた場所です。

お土産の購入はもちろんですが、とにかく豪華な海鮮丼が人気です!

その人気で休日に長い行列が出来る程なんですよ。

ランチをここで、というのもいいのではないでしょうか?

ぜひ足を運んでみてください。


スポンサーリンク

金沢観光半日おすすめモデルコース


上記でも述べたように、金沢の観光地はコンパクトにまとまっています。

ですので、半日という短い時間でも十分観光が楽しめますよ。

半日の観光に適したコースの1例を紹介します。

最初の上手な回り方で紹介した時計回りのコースを基本にし、ランチについても取り入れたコースです。

① 金沢駅

金沢駅は有名ですよね。

見るだけで感動するとても立派な建物です。

② 近江町市場(ランチ)

先ほども紹介しました、活気のある市場です。

ランチに海鮮丼を食べてみてはいかがでしょうか。

混んでいるのが苦手という場合は「近江町いちば館」2階のレストラン街にいってみてください。

③ ひがし茶屋街

金沢にいったら必ず行きたい場所です。

風情ある建物が並んでおり、歩くだけで楽しいですよ。

④ 兼六園・金沢城

兼六園は日本庭園です。

雰囲気のある場所で、とてもパワーを感じます。

とにかく実際に見てみていただきたいです。

⑤ 長町武家屋敷跡

その名の通り、武家屋敷の跡地です。

城下町の雰囲気残る金沢ならではのスポットです。

ここも雰囲気があってとてもかっこいいので、ぜひ見ていただきたいところです。

まとめ

金沢観光について紹介しました。

旅行の中で、ぎゅっと詰まった観光をする日と、のんびりする日を作ってもいいですよね。

観光地が集結しているという特徴を利用すれば、そんな旅行を実現できることもできるのです!

それも金沢のいいところといえますね。

そんな素敵な場所、金沢をぜひ楽しんできてください。

スポンサーリンク