友達の病気お見舞いは入院先へ行かない場合のメッセージの例文

対人・人間関係

友達が病気になり、入院中にお見舞いへ行きたいけれど、なかなか都合がつかず行くことができない。

病気の内容も分からないから行きづらいという場合もありますよね?

お見舞いとなると自分自身が健康な時にしか行けず、先方と予定を合わせるのも簡単ではありません。

お見舞いに行けない場合に他に何ができるのか、メッセージを送る時にどのような文章が喜ばれるかなどをご紹介します!

スポンサーリンク

友達が病気ならお見舞いはどうする?


大切な友達が病気で入院していると聞いたら、すぐにでもお見舞いに行きたいですよね。

ですが自分の予定と相手の予定が合わなかったり、面会時間の関係でなかなか会いに行けないこともあります。

また病院には免疫力が弱い患者さんがたくさんいるので、自分自身が風邪を引いたりしているとお見舞いは控えなくてはなりません。

友達が入院しているとわかった場合は、お見舞いに行って良いかの有無を事前に聞いておきましょう。

相手から「お見舞いは来なくて良いよ」と言われたら、控えるのが無難です。

必ずしも「お見舞いするほうが絶対良い!」とは言えないので、相手に確認してから考えましょう。

友達が入院中お見舞いに行かない場合他にできること


友達からお見舞いはいらないと言われ、お見舞いに行かない場合でも何か他にできないかと考えますよね。

早く病気を治して良くなってもらいたいという気持ちを伝えるためにも、メッセージを送ると良いでしょう。

入院中でも相手が携帯を見られる環境にあれば、簡単にメッセージを送って励ますことができます。

心配してくれているんだな、早く治して遊びたいな、と相手も感じることでしょう。

事前にメッセージを考えておき、相手の負担にならない時間帯に送ってみることをオススメします!


スポンサーリンク

入院中のお見舞いメッセージ友達に使える例文


入院中の友達にどのようなメッセージを送るのが良いのか悩みますよね。

いくつか例文をあげておきますので、参考にしてみてください。

・体調はどうですか?〇〇ちゃんがいないと、つまらないよ~!早く元気になって一緒に遊ぼうね!
・普段から頑張りすぎる〇〇ちゃんだから、今はゆっくり休んで回復してね!
・困った時はお互い様だし、何かして欲しいことかあったら気軽にメッセージしてね!

出来るだけポジティブな文章だと印象が良いですね。

また、長すぎる文章だと相手も返信に負担がかかるので、簡潔な文章を心掛けましょう。

病気はなってしまった本人も自分ではどうしようもできないものです。

激しすぎる励ましはかえって気分を落ち込ませてしまう可能性もあるので、気をつけてくださいね。

最後に「返信は不要だよ」と付け加えると相手の負担も減るので、メッセージに加えると良いでしょう。

まとめ

大切な友達が入院したら、様子も気になりお見舞いに行きたいところですが、なかには弱っている姿を見られたくない人もいます。

お見舞いに行きたい!という気持ちを一度落ち着かせて、相手に確認を取ってから行動しましょう。

お見舞いに行かなくてもメッセージを送って励ますことで、病気が治ってからの楽しみを共有すると相手も頑張って治そう!と思えるはず。

相手に負担がかからないようにということを頭に入れて、行動してみてください。

スポンサーリンク