新幹線の予約はいつから往復で買えて何日前までにチケット購入できる?

交通・アクセス

ゴールデンウィークや夏休みには、家族で旅行に出かける人も多いですよね。

新幹線で国内旅行を考えている人は、新幹線の予約をどうしたら良いのかわからないという人がいるのではないでしょうか。

当日混雑していて長旅なのに座れず疲れてしまった…というのとにならないためにも、座席の予約はしっかりとしておきましょう!

新幹線での往復切符はいつから予約できるのか、いつまでに予約しておけば安心なのかを簡単にお教えします。

スポンサーリンク

新幹線予約はいつから往復が買える?


新幹線の予約を取るなら往復で取る人が多いですよね。

まず、新幹線は自由席以外は予約が必要になります。

指定席、グリーン席、グランクラスで乗車を考えている方は事前に予約をしましょう。

切符の予約は全国のJRで統一されていて「1ヶ月前(30日)の朝10時から」予約ができます。

しかし、往復の場合は注意が必要で一度に予約をするなら「復路の日付から1ヶ月前」しか予約ができません。

つまり、5月3日~5月5日で旅行をする場合は5月5日の1ヶ月前である4月5日から予約ができることになります。

行きの日付で往復の予約をすることはできないので、注意してくださいね。

新幹線の予約は何日前からできる?


新幹線の予約は前述した通り「1ヶ月前(30日)の朝10時から」予約することができます。

長旅で座席に座りたいと考えている人は、予約せずに自由席だと座れない場合もあるので、事前に予約して指定席を取っておきましょう。

特に大型連休や金・土などは各地で大きな催しがあると新幹線も混雑します。

また、1ヶ月以上前から予約を取りたい場合は旅行代理店やみどりの窓口で予約をしましょう。

えきねっと(JR東日本)

e5489(JR西日本)

今はネットでも予約することができるので、窓口に行く時間を取れない方は是非、ネットで予約検索してみてください。


スポンサーリンク

新幹線のチケット予約はいつからいつまでにしておく?


新幹線のチケット予約はJR東日本の場合「1ヶ月前から当日出発予定時間6分前」であれば、予約が可能です。

乗車する新幹線によっていつまでかは誤差があるのですが、基本的に当日の出発予定時間数分前までは予約が可能となっています。

意外とギリギリまで予約ができるので、当日指定席が良かったかも!と思った時には窓口で指定席が空いているか聞いてみても良いでしょう。

また、予約が取れなかったけれど直前でキャンセルが出ていることもあるので、確認してみてください。

大型連休や土日は基本的に早々と予約が埋まっているので、絶対に座りたい!という方は早めの準備をおすすめします。

まとめ

新幹線で旅行を楽しむなら、事前にゆったりと余裕を持って過ごせるよう予約をしておくのが良いでしょう。

大型連休前のチケット予約は争奪戦になるので、予約するか否かは旅行を決めた時点で話し合っておくことが必要です。

長旅になる場合は是非、指定席を予約して車内でも楽しい時間を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク