日焼けで赤くなるのは色白の人だけ?シミにならないようにするには?

健康・ヘルスケア

日焼けが気になる季節がやってきました。夏が一番日焼けしそうですが、実は春から気を付けないといけないようです。

日焼けで赤くなる人や、すぐに黒くなってしまう人など、日焼けの仕方は人それぞれありますよね。

日焼けで気になるのはその後のシミ!しっかりケアしてシミを防ぎたいですよね。

シミについて、日焼けの仕方の違いを知っておき、今後の日焼け対策にお役立てください。

スポンサーリンク

日焼けで赤くなるのは色白の人だけ?


日焼け後の肌の状態で、大きく2つに分けられます。

「日焼けで黒くなる人」と「日焼けで赤くなる人」です。

「日焼けで黒くなる人」は、肌を強くするために黒くなる、というイメージです。

紫外線を浴びてメラニンをすぐに生成することができ、肌表面の細胞の損傷を少なくしようとしています。

肌が炎症を起こして赤くなるのではなく、黒くなる、つまりダメージから防御しているのです。

ただし、紫外線の影響は受けているので、シミやそばかすは注意しましょう。

「日焼けで赤くなる人」は紫外線の影響で肌が炎症を起こし赤くなっています。

メラニンの生成量が少ないため、紫外線から肌を守る能力が低いのです。

色白な人は、もともとの肌の防御能力が低いため、炎症を起こしやすく、結果赤くなりやすいと考えられます。

日焼けで赤くなる人は注意が必要


日焼けで赤くなるのは、「肌が炎症している」証拠です。

肌が赤くほてるだけではなく、ヒリヒリとした痛みを伴うこともあります。

ひどい時には、頭痛や発熱を引き起こし、脱水症状に陥ることもあるほどです。

また、肌の防御能力が低いため、紫外線の影響が真皮の奥深くまで到達しやすく、シワができやすいと考えられます。

一説によると、皮膚がんにもなりやすいとまでいわれています。

日焼けで赤くなったら、なるべく早く冷やしてあげることと、それ以上日焼けしないように気を付けることが大切です。

スポンサーリンク

日焼けで赤くなるとシミになりやすい?


日焼けのあとのシミ、とても気になりますよね。

シミはどのようにしてできるのでしょうか?

紫外線を浴びると、肌を守るためにメラノサイト(色素細胞)を活性化してメラニン色素をたくさん作り出します。

メラノサイトの量がもともと多いのが色黒の人、少ないのが色白の人、と一般的にいわれています。

肌には生まれ変わりのサイクルがあり、メラニン色素は押し出され剥がれ落ちます。

しかしその押し出しの力が弱かったり、長年蓄積されたメラニン色素が残っていたりすると、肌が元の状態に戻らず、シミとして残っていくのです。

日焼けで赤くなりやすい人は、肌の防御能力が低く、押し出す力が弱いため、シミになりやすいといえます。

赤くなりやすい人以外にも、長年日焼けをし続けている人も、メラニン色素が残っているので注意が必要です。

シミを防ぐには、紫外線を浴びない対策が1番です。

また、日焼けしてしまった場合はすぐに冷やすなどのしっかりスキンケアを心がけましょう。

シミは積み重ねです。

日々の積み重ねを大切にしてくださいね。

まとめ

日焼けの違いや、シミができる仕組みをご紹介しました。

人それぞれ肌の状態が異なるので、日焼け後の状態にも違いが出てくるのですね。

毎日のスキンケアや日焼け対策が将来の健康なお肌に繋がっているはずです。

ぜひ早めの対策をしてくださいね。

スポンサーリンク