2歳児と雨の日の保育園移動に自転車カバーやレインコートがおすすめ

保育園・幼稚園

保育園入園の時期になり、朝早い時間に登園している親子が多くいますよね。

小さな子どもを連れての移動はとても大変なので、保育園へ連れて行くのに自転車を使っている方もいるのではないでしょうか。

2歳児の子どもを雨の日に保育園へ連れて行く方法や、移動する時の注意点。

雨の日に便利な自転車用のレインコートのおすすめ品をご紹介します!

スポンサーリンク

2歳児を雨の日に保育園へ連れていく方法は?


2歳児を雨の日に保育園へ連れて行くのはとても大変ですよね。

ただでさえ大人の言うことを素直に聞いてくれる年齢ではないので、雨の日となると普段と違う分大変さが増します。

保育園へ連れて行く際、歩きや自転車で登園している場合は子どもにカッパなどの雨具を着せて登園しましょう。

小雨程度で後々止みそうなときは自転車用のレインコートをつけて登園しても良いかもしれません。

普段と違って雨で路面は濡れているので、子どもが濡れないように、滑らないようにすることが大切です。

2歳児を連れて雨の日に移動する注意点


雨の日に歩いて登園するときも、自転車で登園するときも共通している注意点は「子どもが濡れないように防水、防寒をする」ことです。

子どもはちょっとした気温の変化で体調を崩してしまいます。雨の中の登園となると雨に濡れてしまったり、寒かったりと風邪をひく要因にもなります。

また、濡れているので滑って事故が起きないようにすることも大事です。

子どもと歩いて登園するときは滑りにくい長靴を履かせ、しっかりと手をつなぎましょう。

抱っこができるなら抱っこしてあげても良いかもしれません。

自転車での登園のときは、濡れないように自転車用のレインコートをかけ、運転には十分注意してください。

雨が強いときは自転車の運転は控えた方が安心ですよ。

スポンサーリンク

雨の日に保育園へ自転車用のレインコートのおすすめ


小雨程度のなら自転車でサッと登園してしまった方が早い人もいますよね。

また、登園の途中でパラパラと雨が降ってきてしまった場合にも便利なのが「自転車用のレインコート」です。

自転車用レインコートは丈が普通のレインコートより長く、手足を濡れるのを守ってくれます。

視界を確保するためにもツバ付きのフードがあるものもありますよ。

自転車用レインコートの購入を考えている人は

・手が濡れない手っ甲カバー付き
・足元の濡れない丈感のもの
・車との事故を防ぐための反射板付き
・持ち運び、脱ぎ着が簡単にできる
・視界を確保するツバ付きのフードがある

以上の点を確認することをおすすめします。

子育て中のママさんに人気ブランドのおすすめの自転車用レインコート。

「キッズフォーレ」「ハローエンジェル」「シュシュポッシュ」など。

ママブランドで販売されているのでチェックしてみてください。

まとめ

朝の忙しい時間に、予定通り保育園へ子どもを送り出すのはとても大変です。

それに加えて雨の日になると、朝から忙しさが倍増しますよね。

雨の日でも安全に登園するために、子どもも親もしっかりと防水、防寒できる格好をしましょう。

路面が濡れていて滑りやすいので、滑りにくい靴も事前に用意することをおすすめします。

自転車で登園するときは運転に気をつけ、自転車用レインコートを使用してみましょう。

時には安全のために自転車の運転を控えることも大事です。

雨の日も焦らず保育園へ連れていけるように、事前の準備をしておきましょうね!

スポンサーリンク