暑中見舞いをビジネス相手に一言添えるときの文例!取引先への書き方

ハガキ・手紙の書き方

暑中見舞いは、小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)前に送る季節のごあいさつです。

暑中見舞いはビジネスでの取引でも一言添え書きがあればお客様も喜ばれます。

1年で一番暑い時期に暑中見舞いを受け取ると、暑いなかでも心が和みますね。

暑中見舞いの文例や例文をビジネスで使える書き方を紹介します。

ビジネス上のお付き合いで暑中見舞いを送るときに取引先に気の利いた一言も紹介します。

スポンサーリンク

暑中見舞いをビジネス用に一言添える場合


暑中見舞いでビジネス取引用の一言添えのまえに基本文例を紹介しますね。

ビジネス用の基本文例1

①暑中お見舞い申し上げます。

・・・頭文で、ほぼ定型の言葉で良いでしょう

②平素は格別のご高配を賜り、心より感謝を申し上げます。

・・・感謝の言葉

③暑さ厳しき折、貴社におかれましてはますますご繁栄のことと存じます。

・・・時候の挨拶

④当店は夏期の間も休まず営業していますので、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

・・・ちょっと一言、自社、自分の近況報告や営業、セールの連絡などを書きます。

⑤今後とも、一層ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

・・・結びの言葉、相手を気遣う言葉もよいですよ。

ビジネス用の基本文例2

①暑中お見舞い申し上げます。

②いつも格別のお引き立てにあずかり、心から御礼申し上げます。

③連日の酷暑ですが、皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。

④〇〇様には、大変お世話になりました。今後も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。スタッフ一同、起こしをお待ちしております。

・・・ちょっと一言です

⑤時節柄、ご健康には十分ご留意ください。

・・・相手を気遣う言葉です

暑中見舞い文例のビジネスマナー


暑中見舞いの文例としてビジネスに必要なマナーは文書の構成を理解することです。

先の文例を参考にして、頭文・感謝の言葉・時候の挨拶・ちょっと一言・結びの言葉で構成します。

暑中見舞いの文字は少し大きめに書くと、目立つので良いですよ。

また、ビジネス用の文章はくだけた内容で書くことは、相手に対して失礼なので、あえてかしこまった文章にします。

ある程度定型の文章の中に、取引先やそれぞれのお客様にあった一言を添えることで、好印象を感じてもらえると思います。

スポンサーリンク

暑中見舞いを取引先に一言メッセージ集


暑中見舞いを取引先に一言添え書きをする場合、以下の例文を参考にしてくださいね。

  • 今後も一層サービス向上を図る所存です。
  • 酷暑が続きますが、くれぐれもご健康には留意ください。
  • 〇〇様、先日はお越しいただきありがとうございました。今後も変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。
  • 貴社の皆様のご健勝をお祈り申し上げます。
  • 炎暑厳しきおり、皆様のご健康には十分留意ください。
  • またお近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。一同楽しみにお待ちしております。

まとめ

暑中見舞いはビジネスで使うときも一言添え書きがあれば喜ばれますね。

取引先に送る暑中見舞いの文例はビジネスマナーとして構成が分かれば簡単です。

暑中見舞いの文例には取引先へかしこまった一言ではなく、せっかくその人に宛てた一言を添え書きするなら丁重な言葉で、相手へのお礼の言葉は忘れずに書きましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました