ハマグリとバカガイの違いは?アサリとの見分け方と注意点

趣味・教育

潮干狩りで貝をたくさん獲ったときに、はたしてこの貝は何だろう?と思ったことはありませんか。

ハマグリ、バカガイ、アサリとみんな似ていますよね。

でもハマグリ、バカガイ、アサリには、それぞれちょっとした違いがあるのです。

正しく分類できるように、見分け方と注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

ハマグリとバカガイの違い

ハマグリの特徴

ハマグリは、マルスダレガイ科ハマグリ属の二枚貝の一種です。

長さ8cm、幅3.5cm、高さ6.5cmくらいで最大殻長は10cmを超える物もあります。

貝殻の模様は様々で光沢があります。

日本で平安時代から、貝合わせなどの遊戯に使われていたというのも有名ですね。

埋め立てや水質悪化などの影響で現在の日本では鹿島灘、瀬戸内海西部周防灘の一部、有明海の一部などの局地的な場所でしか獲れなくなったようです。

バカガイの特徴

バカガイは、バカガイ科バカガイ属の二枚貝の一種です。

殻長6~8cmほどでハマグリに似ていますが殻は薄くてもろく、貝殻はほぼ三角形の黄白色、同心円状の成長線があります。

また殻頂(かくちょう:貝殻の頂端の)から褐色の放射帯がでているのもあります。

北海道の北部から九州まで、日本のほぼ全域に生息しています。

ハマグリの産地以外で獲れたものは、ほぼバカガイと考えたほうが良いでしょう。

アサリとバカガイの違いと見分け方


アサリは、マルスダイガイ科アサリ属の二枚貝の総称です。

殻長4~6cmほどの大きさになり、貝殻の模様は様々で同じ模様はありません。

手で触ると殻の表面がザラザラしています。

居酒屋のメニューの中でも、アサリの酒蒸しは人気があり、お馴染みの酒肴の一つですよね。

バカガイに比べると、アサリの大きさは半分~2/3くらいなので、大きさと殻表面のザラザラ感で、見分けがつきます。

まずは貝の表面を触ってみましょう。


スポンサーリンク

ハマグリとバカガイの見分け方


ハマグリとバカガイは大きさもほとんど変わらず、表面もツルツルしているので、見た目の違いが分からないかもしれませんね。

素人だと、ほとんど見分けがつかないかもしれません。

でも、それぞれの貝の殻頂付近を見てください。

そこに黒い出っ張りがあるかどうかで見分けがつきます。

黒い出っ張りがあるのがハマグリ黒い出っ張りが無いのがバカガイというように見分けましょう。

知らない人には、ちょっと自慢できる見分け方だと思います。

大きい貝を獲ったら、さっそくどちらの貝か、見分けてみましょう。

まとめ

二枚貝も色々な種類があり見分けるのが難しい物もあります。

しかし、じっくり大きさや形、模様、触った感覚などを比較すると、意外と見分けられるものです。

潮干狩りで獲った貝を種類別に分けて並べてみても、面白いのではないでしょうか。

スポンサーリンク