お中元やお歳暮のお礼状をビジネス相手への例文と宛名の書き方

ハガキ・手紙の書き方

お中元やお歳暮は、日頃お世話になっている人に贈るご挨拶(品物)ですが、お中元は夏に、お歳暮は毎年お盆と暮れの時期に贈ります。

お中元やお歳暮は、目下の方から目上の方に贈るのが一般的ですが、その場合はお返しの品を贈る必要はありません。

ただし友人、同僚、兄弟などは同程度の品物をお返しします。

マナーとして、品物を送らない場合でも、ハガキなどでお礼状を送りましょう。

そのお礼状の書き方について、ビジネス用の例文や宛名の書き方を解説します。

スポンサーリンク

お中元やお歳暮のお礼状をビジネスで書く場合


お中元やお歳暮のお礼状は、なるべく早く送るのが基本なので、届いてから遅くても3日以内には送りましょう。

送るタイミングが遅れた場合は、お詫びの文を付け加えるのがマナーです。

お礼状の文章の流れは、一般的に次を参考にしてくださいね。

①頭語

拝啓・拝呈・謹啓など手紙の最初に書く言葉で、相手に対して敬意を示します。

拝啓-敬具というように、頭語と結語はセットです。

②時候の挨拶

季節を表す表現の文章で、頭語の次に続く日本の手紙の習慣です。

③お礼の言葉

お礼状の主たる文章で、お中元やお歳暮に対するお礼の言葉を丁重に書きます。

④健康を気遣う言葉

相手に対して健康を気遣う文章を書きます。

⑤結語

敬具・敬白・敬具など。頭語に対する結びの言葉になります。

お中元のお礼状の例文

ビジネス例文1

①拝啓

②梅雨明けの暑さもひとしおでございます。貴社におかれましては、ますますのご繁栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご厚誼を賜り、深謝申し上げます。

③さてこのたびは、結構なお品をお贈りいただきまして、誠にありがとうございました。いつもながらのお心づかいをいただき感謝申し上げます。

④暑さもこれからが本番でございますので、貴社の益々のご発展と社員ご一同のご健勝をお祈り申し上げます。

⑤敬具

ビジネス例文2

①謹啓

②仲夏のみぎり、貴社ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。

 平素はひとかたならぬご厚誼を賜りまして、厚くお礼申し上げます。

③さてこのたびは、お心尽くしのお品をご恵贈いただき、有り難く拝受させていただきました。

 このような過分なお心づかいをいただき厚くお礼申し上げます。

 今後とも何卒よろしくご交誼のほどお願い申し上げます。

④暑さ厳しい折、皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

まずはとりあえず書中をもってお礼申し上げます。

⑤敬具

スポンサーリンク

お礼状の宛名が会社の場合は社長宛か


お礼状を取引先の会社へ送る場合は、宛先は社長名にするのが一般的です。

そして自社の方も社長名です。

ただし、支店宛の場合は支店長名、部署宛は部署長名で送ります。

送る方はお礼状の結語の後に、送った日にちと代表者の名前を書きます。

令和元年▲月▲日吉日
   〒▲▲-▲▲ 東京都▲▲区▲▲番地
            株式会社▲▲▲▲
         代表取締役 ▲▲ ▲▲

まとめ

ビジネス用のお礼状の場合は、無理にくだけた文章で書くと失礼になるので、どうしてもかしこまった文章になってしまいます。

感謝の気持ちを伝えるのが目的なので、文章は定型だとしても出来るだけ早くお礼を伝えるのが大切ですよ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました