仕事を辞める理由とタイミング!引き止められずに辞められる方法

職場・ビジネス

仕事を辞める時の理由やタイミングって、とても難しいですよね。

理由が職場の人間関係であったり、給与面での不満があったりするなどのものだと素直に言っても良いのかな?と迷ってしまいがちです。

また、やめよう!と決心しても周囲の人に引き止められてしまって、結局ぐだぐだになってしまう…なんて事を経験した人も少なくありません。

ここでは仕事を辞める時の理由の伝え方やタイミング、仕事を辞めるまでに準備しておくことを簡単にご紹介します!

スポンサーリンク

仕事を辞める理由と伝え方


まず、仕事を辞めたいと感じた理由を自分の中で改めて考え、整理しましょう。

仕事を辞める理由は様々ですが、職場環境に不満があり、自分自身のこと以外で辞めることになると理由をどう伝えたら良いのか迷ってしまいますよね。

辞めたい理由が何であれ「会社や上司への不満や批判」を直球に伝えることはやめましょう。

円満退社するためにも「お世話になったのですが、別の分野での仕事に興味があり転職を考えています」など、あくまでも個人的な理由で辞めることを伝えるのがベストです。

「親の介護で」などの言い訳をしてしまうと、うっかり転職先などで今の会社の人達に会う可能性もあります。

出来る限り、「嘘」のないようにしておくのが良い選択になると思います。

辞めることを上司に伝えて後でも、数日間は仕事をすることになるので気持ちよく退社できるよう、配慮は必要となってきます。

仕事を辞めるタイミング


仕事を辞めるタイミングとしては、精神的に限界ですぐにでもやめたいという時以外は、繁忙期ではなく閑散期に伝えるのが良いでしょう。

繁忙期に仕事を辞めることを伝えても「今は忙しいから、もう少しずらせない?」とお願いされてしまう可能性が高いです。

辞めやすいタイミングとしては、年度の区切りである3月や年末の12月です。

仕事の引き継ぎもあるので、作業をスムーズに行えそうなタイミングを見計らってくださいね。


スポンサーリンク

仕事を辞めるまでの準備方法


仕事を辞めると決め、上司に伝えた後は色々な準備が必要になってきます。

退職することは周囲の人にも話が広がることが多いので「辞めちゃうの?」と引き止めてくれる人も出てきます。

そのような人の対応をするためにも「辞める覚悟」をしっかりと持つことが大切です。

決心が揺らいでいるとわかると、強く引き止められてしまうこともあるので、周囲の人にも辞める理由や時期を明確にすると良いでしょう。

また、自分が去った後でも職場に迷惑をかけないことが大事なので、仕事の引き継ぎはしっかりと行ってくださいね。

仕事を辞めた後の転職活動も大切です。

働きながら探すのか、辞めてから探すのか、求職しやすい時期を見計らうことが大事なので、辞める時期と一緒に考えて準備することをおすすめします。

まとめ

働いている職場を辞めるのは、勇気がいりますよね。

理由を伝えるにしても、円満に退社できるよう個人的な都合として退職を願い出るようにするのが良いでしょう。

職場によって辞めやすいタイミングは変わってくるので、忙しくない時期を狙って上司に声をかけることが大切です。

辞める覚悟をしっかりと持って、次の職場を探せるよう準備もしておきましょうね!

スポンサーリンク