瀬戸大橋をアンパンマントロッコで渡ろう!料金と座席の絶対おすすめ

交通・アクセス

子供がアンパンパンを好きだというご家庭は多いですよね。

2歳の娘を持つ私も、家の中はアンパンマンのおもちゃだらけです。

アンパンマン好きの子を持つ親なら一度は連れてってあげたいと思うのが「アンパンマン」トロッコではないでしょうか?

ここでは瀬戸大橋を通るアンパンマントロッコの特徴や路線、料金と選んで座って欲しい座席のおすすめをわかりやすくお教えします!

スポンサーリンク

アンパンマントロッコの特徴と路線


アンパンマントロッコは「岡山から琴平・高松間」を走るトロッコ列車です。

車体はアンパンマンのキャラクター達がたくさん描かれていて、子どもなら一目見ただけで大喜び間違いなしです!

2両編成のアンパンマントロッコは、1両がアンパンマントロッコで大きな窓と木で出来た座席が特徴です。

岡山駅から児島駅までは、行き先に関わらず、トロッコ部分ではない普通の列車部分の車両に乗車します。

そして、児島駅で数十分停車されます、

その時に次の行き先の駅、琴平行きなら琴平駅高松行きなら坂出駅までは普通の列車部分からトロッコ列車車両に連結部分から乗車できます。

わかりやすく言うと、瀬戸大橋を渡るときにはトロッコ列車に移動してトロッコアドベンチャーを楽しむことができるのです。

大きな窓の、上半分は窓がないため、そこから自然の風が吹いてきます。

まさに、窓のない列車なのでトンネルなどがある通常の線路では危険なので、トロッコ列車に移動できないように施錠されているのです。

アンパンマントロッコの車内は、いたるところにアンパンマンのキャラクター達がたくさんいるので、飽きる事なく楽しめます。

座席のマークも立体のアンパンマンのキャラクターで示されていますよ。

トロッコ全体がアンパンマンワールドになっているので、子どもも大人も気分が上がる乗り物です。

アンパンマントロッコの最後尾には、アンパンマンと記念撮影が出来るよう、その日の日付が掲げられて車掌の帽子もかぶれますよ!

通常の座席も、普通の列車の座席と違って、子供がポンポン喜んでもお尻が痛くならないよう、ふかふかの座席で、お弁当が食べられるようにテーブルもありますよ。

座席だけでなく、アンパンマングッズ、アンパンマンお弁当やアンパンマンのパンが置いてある売店もあるのが特徴です。

高松行きのアンパンマントロッコは坂出から高松の距離が普通の列車(トロッコではない方)の車両になります。

念のため、坂出から高松までの時間や距離感はこのような感じです。

勿論、トイレ、ベビーカー置き場や、オムツ替えのための多目的室や、アンパンマンの絵本も完備されているので安心して利用できますよ。

アンパンマントロッコの料金


アンパンマントロッコの料金は、「乗車券の料金+普通列車用グリーン券の料金」となっています。

普通列車用グリーン券は指定席の料金の扱いで、大人も子どもも一律980円です。

乗車券の料金は乗車する駅によって変わります。

・岡山~琴平:大人 1,330円 子ども 660円
・岡山~高松:大人 1,510円 子ども 750円

以上の乗車料金に+980円加えた料金がアンパンマントロッコの乗車料金です。

未就園児で子どもを大人の膝の上に乗せるなら、料金はかかりません。

4人までのボックス席なので、3人以下だと相席になる可能性もあります。

人気のアンパンマントロッコなので事前予約は必須です。

スポンサーリンク

アンパンマントロッコの座席のおすすめ


アンパンマントロッコは、1号車・2号車と2両編成で48席となっています。

通常のグリーン車や特急列車と異なり、4人掛けのボックス席になっているので横並びにA・B・C・Dとはなりません。

窓際 A B 通路
窓際 D C 通路

このように、4つのボックス席で、A~Dが完結するのでご注意くださいね。

アンパンマントロッコを予約するときのおすすめの座席は、進行方向に向かって座れる座席番号になります。

1時間半~2時間と普通列車より、ゆっくりと走るアンパンマントロッコは、進行方向と逆向きに座ると乗り物酔いしてしまうかも知れません。

そのため、進行方向に向かって座るのが、超重要ポイントになります!

岡山方面から高松・琴平方面に行く場合、偶数番号。

高松・琴平方面から岡山へ行く場合、奇数番号が進行方向です。

トロッコ車両には「床窓」があり、透明な窓があるのでトロッコが走っている下を覗くことができたり、楽しい仕掛けがある「遊びスペース」があります。

夏場は、瀬戸大橋を渡ってしまえば小さな子供を連れている家族はエアコンが効いたアンパンマンの車両に戻っていきます。

暑さが平気な子供なら、瀬戸大橋を渡り終わったときもおすすめ。

瀬戸大橋の上ではない【坂出駅】【琴平駅】【児島駅】までの少ない時間もトロッコ列車を満喫できるのでおすすめです。

普通の電車では移動中に飽きてぐずってしまいがちな子どもでも、楽しめる工夫が凝らされているので、大人も子どもも安心して楽しむことができますよ。

まとめ

子どもなら誰しも一度はアンパンマンのキャラクターに夢中になりますよね。

私の娘も「アンパンマン」と言わない日はないくらいアンパンマンのキャラクター達が大好きです。

四国へ行った際には、アンパンマントロッコに乗れるか予約の確認をしてみましょう!

子どもも大人も楽しめる空間で、良い思い出になる事間違いなしです。

子供の興味が他のキャラクターに変わる前にぜひ乗車してみてくださいね。

スポンサーリンク