引越し月も縁起を担ごう!鏡を入れる理由と良物件のでるタイミング

引っ越し・新生活

引越しをするときに、縁起のいい日取りを選んでいる方はどれだけいらっしゃるでしょう?

なかなか「引越しに縁起?」とイメージがつかない方も多いのではないでしょうか。

昔は、引越しは縁起の良い日を選んで行われていることが多くありました。

引っ越しにまつわる縁起について、なぜ鏡を入れると縁起がいいなどまとめてみました。

スポンサーリンク

引越し月で縁起の良し悪しはある?


縁起のいい”日”を選ぶ際には、大安や先勝、友引、先負、赤口、仏滅かどうかカレンダーを見ればすぐにわかりますよね。

しかし、”月”についてはどうでしょう?

実は月にも縁起の良い月、悪い月という考えはあったようです。

昔の日本と言えば、生活の中心が農作業であったため、その繁忙月である1月(お正月)、5月(田植え)、9月(収穫祭)には引越しを避けていました。

当時は、引越し業者があるわけでもなく、ご近所さんの協力で身の回りのことが行われていたようです。

したがって、これらの月に引越しをすると農作業が一旦停止され、隣人に迷惑をかけてしまうので避けられていました。

こういった過去からそれ以外の月が引越しをするのに好まれていたようですが、時代も変わり現在では、転勤などの理由で引越し日を選べないこともありますよね。

気になる方は神社にお参りに行ったり、お祓いをしてもらったり、もしくは、荷物だけ先に入れさせてもらってその日を引越し日にしてしまうこともできますよ。

あえて先に一泊してる方もいるようです。

引越しの縁起担ぎで鏡を入れていく理由は?


引越しをしたら、縁起担ぎや厄除けなどで引っ越し蕎麦を食べたり、盛り塩をしたり、お札を飾ることはよく聞く話ですよね。

実は、『鏡を入れる』というのも縁起担ぎの一つなんですよ。

お仏壇や神棚がある方はその後に鏡を搬入しましょう。

これらはお祓い効果があると言われているので、引越し日が縁起の悪い日でも、お祓いをしたことと同じ効果があるとも言われています。

また、鏡には女性がいつまでも元気で美しくいられるようにという意味合いがあり、それによって夫婦円満でいられるといういわれがあるようです。

引越し=新しいスタートでもあるので、縁起担ぎをして心機一転、すがすがしい気持ちで生活を始められるといいですね。


スポンサーリンク

引越しのベストタイミングは何月?


引越しがピークと言われる月は、入学、入社、転勤などの新年度が始まる前の2~3月でしょう。

実は引越しにベストな月は6月と言われています。

6月といえば、ボーナス月であったり、ジューンブライドなどのイメージがありますよね。

実はこれらが引越しと関係しているのです。

ボーナスを引越し資金にしたり、新婚生活を始められるカップルのために新築物件が出されることもあるようです。

ちなみに部屋探しでいうと、1月から3月前半にかけて新生活を始める方が部屋をあけることが多いので、この期間に新生活のための家探しをするのがオススメです!

まとめ

入学、結婚、転勤、マイホーム購入などさまざまなライフイベントの中に引越しは伴うものです。

最近は、引越し業者さんの都合などで、希望の引越し日にならないこともありますが、タイミングがあえば、縁起の良い日に引越しをしてみたいですね。

ぜひ、引越しに縁起担ぎもプラスして素敵な新生活をスタートさせてくださいね。

スポンサーリンク