車の洗車するタイミングと油膜取りの注意点とおすすめ便利グッズ

趣味・教育

洗車する理由には、いつも綺麗な車に乗りたい、色々車に付く汚れを落としたい、ワックスをかける前の手入れなどがあります。

人間でいえば入浴や髭剃り、洗髪をするようなことですね。

でも、綺麗にするからといって、いつでも洗車をして良いというものではありません。

洗車をするにもタイミングを選ばないと、かえって車に対してダメージを与えることがあるのですよ。

洗車するタイミングと油膜に対する注意事項、おすすめの洗車便利グッズをご紹介します。

スポンサーリンク

車の洗車するタイミングと頻度


洗車するタイミングは、車庫、カーポート、青空駐車などの保管状態によって車の汚れ状態も違います。

どの頻度が良いかは、あるアンケート調査によると、洗車の頻度は1週間に1度以上10%、1ヶ月に1~2度37%、3カ月に1~2度30%、半年に1~2度18%、その他5%という結果がでました。

ほとんどの人は、1ヶ月~3カ月に1~2回の洗車を行っています。

結果的には、汚れが目立ってきたタイミングで、1ヶ月程度で洗車すると良いでしょう。

ただし、洗車するタイミングで不向きな時期がありますので、注意してくださいね。

洗車するのを避けた方が良い時期は、ずばり夏です。

その理由は、次のとおりです。

  1. 晴れの暑い日は避ける・・・暑い日は、水をかけてもすぐに乾いてしまいます。すぐに乾くと水道の水に含まれているカルシウムがシミになってしまいます。
  2. 晴れの暑い日はワックスをかけない・・・ワックスが拭き取る前に乾いてしまい、拭き取ってもムラになってしまう。
  3. ウインドウにいきなり水をかけない・・・暑さで熱を持ったガラスにいきなり水をかけると、割れる場合があります。通常は何ともないが、ガラスに傷がある場合、温度差で割れたりひびが入ったりする可能性があります。

車の洗車時は窓の油膜に注意!


フロントガラスに油膜が付くと、対向車のライトが反射することや、ギラギラして前が見づらくなってしまいます。

そうなるととても危険なので、早めに油膜を落としましょう。油膜を落とす方法は次の通りです。

  1. 専用のクリーナーで洗う・・・油膜の成分のシリコンがガラスにこびり付くとなかなか落ちないので、専用のクリーナーでしっかり油膜を摂ります。
  2. キズや劣化は専門業者・・・フロントガラスの油膜が綺麗に取れない場合は、傷や劣化が原因の場合があります。そのときは、ガラスの補修、交換などが必要であり、素人では手に負えないのでプロの専門業者に相談しましょうね。
スポンサーリンク

車の洗車便利グッズとおすすめの洗剤


洗車するときに、おすすめの便利グッズを一部ですがご紹介します。

・洗車用品セット(tomamen)

洗車タオル、スポンジ、タイヤブラシ、ホイールブラシ、水切りワイパー、はたき、ホコリ取り、収納バックの8点セットです。

・ウインドモップ内窓用ワイパー(Zenoplige)

手が届きにくい場所も洗えます。

・洗車タオルマイクロファイバークロス(Aoomiya)

吸水力があり搾りやすく、すぐ乾きます。

・泡仕立てシャンプー(ウィルソン)

絹のような泡がしばらくの間、いっぱいできます。

水をかけるとサッと綺麗に流れます。

・洗車シャンプーカーシャンプー(シュアラスター)

全コーティング車に使用できるカーシャンプーです。

水で薄める希釈タイプです。

洗車セット4点(MAYOGA)

洗車ブラシ、タイヤブラシ、洗車タオル、スポンジ。

まとめ

車の洗車で綺麗になったと思っても、実際は車の外装に疲労や傷をつけている場合があります。

適度な頻度で洗車をして、車を長生きさせましょう。

スポンサーリンク