シュトーレンはなぜあんなに高いの?クリスマスまで日持ちする理由

クリスマス・ハロウィン

クリスマスの時期が近づいてくると、よく見かけるのが「シュトーレン」ですよね。

冬のクリスマスの時期にしか見ないシュトーレンを、ぜひ食べてみたい!と思う方も多いとは思いますが、シュトーレンって少しお値段が高めなんですよね。

ここではなぜシュトーレンの値段は高いのかや、クリスマスに食べる理由、日持ちする理由をわかりやすく説明していきます!

シュトーレンを食べてみたい!というかたは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シュトーレンはなぜ高い値段なのか


クリスマスが近づくと売られているお菓子「シュトーレン」は、一本で2000~5000円程の値段で設定されているところが多いです。

美味しそうだから食べてみたいけど、少し手が出しづらい値段かもしれません。

なぜシュトーレンが高いのかというと「材料費」と「手間」がかかるからと言って良いでしょう。

シュトーレンの中に混ぜ込まれているドライフルーツは、極限まで水分を減らし1年以上前から洋酒に漬け込んでいます。

作り方も良質な材料を使い、生地を低温発酵させたり、手間をかけて作っているので値段が高めに設定されているようです。

最高の材料と、手間を加えたことを知っていたらシュトーレンは値段相応のお菓子なのかもしれませんね。

シュトーレンをクリスマスになぜ食べるのか


シュトーレンはなぜクリスマスに食べるのか知っていますか?

シュトーレンが食べられるようになったのは、一般的に「キリスト教の布教のため」という説があります。

シュトーレンは表面にたっぷりと白い砂糖をまぶしているので、その砂糖が布で包まれている幼子のように見えるというところから、司教様に送る献上物として相応しいとされていました。

シュトーレンが作られた当初は、質素なパンのようなもので今現在のドライフルーツを使い、華やかのお菓子とは正反対でした。

1500年頃ドイツにて「クリスマスのキリストパン」という名でシュトーレンを販売されたのが、クリスマスにシュトーレンを食べ始めた起源と言えるでしょう。


スポンサーリンク

シュトーレンが日持ちするのはなぜ


シュトーレンはお菓子の中でも日持ちするお菓子です。

なぜ日持ちするのかというのはシュトーレンの食べ方にも関係している部分があります。

シュトーレンはクリスマスの4週間前から少しずつ食べて、クリスマスを迎える準備をするというのが一般的な食べ方です。

最低でも4週間は日持ちする理由としては、シュトーレンの中にあるドライフルーツにあります。

ドライフルーツといえば、そのままでも日持ちする食材ですが、シュトーレンの中に入っているドライフルーツは洋酒に漬けられていて、さらに日持ちします。

また、ハーブを混ぜることで殺菌の繁殖を抑える効果があり、ドライフルーツからしみでるアルコールを生地に含ませることで、さらに老化スピードが遅くなるのです。

シュトーレンは出来立てよりも、少し時間が経ってから食べるのが一番美味しいので日持ちするのは嬉しいですよね。

まとめ

シュトーレンは材料や手間がかけられ、日持ちするお菓子だということが改めてわかりましたよね。

ドライフルーツを1年も前から洋酒に漬け込んで、シュトーレンを焼き上げているとわかったら値段が少し高めなのも納得できます。

クリスマスを楽しむための一つの方法として、シュトーレンをゆっくり食べながらクリスマスを迎えてみてはいかがですか?

スポンサーリンク