次亜塩素酸ナトリウムスプレーの作り方と希釈計算方法から使い方まで

掃除・清掃

ノロウイルスは感染性胃腸炎の一つで、いわゆる食中毒ですが、細菌・ウイルス・寄生虫が原因です。

1年を通して発生しますが、11月頃から増え始め1月から2月がピークとなることが多いですね。

ノロウイルスは、手指や食品などから感染するので、予防として日常的に次亜塩素酸ナトリウムスプレーによる消毒や手洗いなどが有効です。

その次亜塩素酸ナトリウムスプレーは、家庭でも簡単に作ることができるので、作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

次亜塩素酸ナトリウムスプレーの作り方の紹介


次亜塩素酸ナトリウムスプレーの作りかたは、各自治体などのホームページで紹介されているので、参考にすると良いですよ。

作りかた自体は簡単なので、一般的なものをご紹介します。

用意するものは、ドラッグストアやホームセンターなどで市販されている次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)です。

嘔吐物やトイレ、便座、ドアノブ、テーブル、食器、ゴミ箱、消臭などに使用できるものです。

漂白剤を使用するときは、酸素系ではノロウイルスに効果は無いので、塩素系を使用します。

基本的に次亜塩素酸ナトリウムの原液(1%から12%程度で市販されていることが多い)を購入し、水で希釈して使用(消毒)するので、とても簡単です。

そして希釈した濃度に適したものを消毒します。

次亜塩素酸ナトリウムの希釈計算方法


計算式は、

(作りたい量ml×作りたい次亜塩素酸ナトリウムの濃度%)÷次亜塩素酸ナトリウムの原液の濃度%=水に加える次亜塩素酸ナトリウムの原液の量ml

です。

例として、原液5%で濃度0.1%の溶液を2000ml作りたい場合は、

(2000ml×濃度0.1%)÷原液濃度5%の場合=2000×0.001÷0.05=40ml・・・原液40ml

原液は40ml、水は2000-40=1960mlになります。

スポンサーリンク

次亜塩素酸ナトリウムスプレーの使い方は?ノロウイルスの嘔吐にはどのように使う?


次亜塩素酸ナトリウムスプレーの使い方は、様々な物の消毒に使えます。

調理器具・・・0.02%に希釈

洗剤で洗った後、スプレーするか浸してペーパータオルなどで拭きます。

ドアノブ・手すり・便座・衣類・・・0.02%~0.05%に希釈

ペーパータオルなどで拭きます。

カーテン・日用品・・・0.02%~0.05%に希釈

拭ける物はペーパータオルなどで拭きます。

トイレ・浴槽・・・0.03%に希釈

スプレーをした後、ペーパータオルなどで拭きます。

ノロウイルスの嘔吐や糞便による汚染・・・0.1%の希釈

ウイルスが飛び散らないようにペーパータオルなどで拭き取り、汚物はビニール袋などに入れ密閉して廃棄します。

直接汚物に障らないようビニール手袋をして袋の中にもスプレーしましょうね。

汚した床などの汚染箇所は、0.02%に希釈したスプレーをたっぷり吹きつけ、ペーパータオルなどで拭き取った後に水拭きをします。

次亜塩素酸ナトリウムスプレーを使用するときの注意は以下の通り。

  • 塩素系に酸素系を混ぜるのは危険なので厳禁です。またお湯で希釈すると、消毒効果が低下するので止めましょうね。
  • 手指の消毒には使用しないでくださいね。手指や皮膚が荒れてしまいます。
  • 使用時は換気を良くして使用してください。

まとめ

ノロウイルスの感染を防ぐには、普段から手に触れる場所を清潔に保つことが必要です。

日常的に使用できるように、手作りの次亜塩素酸ナトリウムスプレーを家庭に備えておきましょう。

スポンサーリンク