次亜塩素酸ナトリウムの消毒とすすぎの方法は?効果と人体への影響

掃除・清掃

ノロウイルス感染症は、年齢層に関わらず発生する急性胃腸炎で、嘔吐や吐き気とともに下痢、腹痛を起こします。

ノロウイルスは感染力がとても強く、食べ物や調理器具が汚染されている場合や、汚染された人の手指が触れた場所などに他の人が触れ、人から人へ感染されたウイルスを口に運んでしまうことが発生の原因となります。

そのノロウイルスの予防対策や消毒には、次亜塩素酸ナトリウムを使用することが、厚生労働省や各自治体で勧められています。

家庭でできる次亜塩素酸ナトリウムの消毒の方法を、一部ですがご紹介します。

スポンサーリンク

次亜塩素酸ナトリウムを使った消毒方法は?すすぎは何回必要?


家庭でできる次亜塩素酸ナトリウムを使った消毒方法は、市販されている次亜塩素酸ナトリウム原液(塩素系漂白剤)を希釈したものを使用します。

感染予防としては、基本的にスプレーで吹きかけ、その後ペーパータオルなどで拭き取ります。

希釈濃度は、調理器具・台所など0.02%、日用品、カーテン、ドアノブ・手すり・便座・衣類など0.02~0.05%、トイレ・浴槽は0.03%程度です。

感染した、または感染の疑いがある洗濯物を消毒するときは、次の物を準備します。

・次亜塩素酸ナトリウム濃度0.05%
・バケツ、マスク、使い捨てビニール手袋、使い捨てエプロン、キッチンペーパー、ゴミ袋。

洗濯物はいきなり洗濯機で洗うと、洗濯機がノロウイルスに汚染されることや他の衣類に付着することがあるので、洗濯する前にバケツなどでさっと水洗いしてから消毒液で付けておきます。

浸けて30分したら衣類を出して、洗濯機で洗います。

次亜塩素酸ナトリウムは乾燥時に塩素ガスとなって蒸発し残留しないので、必ずすすぎが必要という訳ではありません。

ただし匂いがどうしても気になるという方は、1~2回のすすぎを行うと良いでしょう。

次亜塩素酸ナトリウムの消毒で除菌効果があるウイルスの種類は?


厚生労働省などによる除菌効果の報告書によると、除菌効果があるウイルスには、次のものがあります。

参照のページはこちら

・大腸菌、インフルエンザ、チフス菌、ブドウ球菌、サルモネラ菌などは、除菌効果試験によるとpH5.2、有効塩素濃度57mg/kgに添加すると、1分後にはほとんどが死滅したという結果がでました。

かなりの除菌効果ですよね。

スポンサーリンク

次亜塩素酸ナトリウムの消毒は人体に影響はないの?赤ちゃんには使える?


家庭で使用する次亜塩素酸ナトリウムと言えば、ハイター(濃度約5%)などが有名で、希釈して使用することが多いですよね。

希釈すると基本的に人体には害が無いと言われていますが、漂白剤は皮膚に対する刺激が強いので、直接手に付けると肌の弱い人は荒れることがあります。

なるべく、直接触れないようにしましょう。

また赤ちゃんは、大人と違って皮膚も体もデリケートなので、自作の消毒液よりも赤ちゃんやペット、おもちゃなどに使用できる専用の除菌スプレーをおすすめします。

赤ちゃんが触れることができない場所は、自作の除菌スプレーで良いでしょう。

まとめ

自宅でも作れる次亜塩素酸ナトリウムの除菌液は、様々な場所を除菌できるので便利ですね。

ノロウイルス以外にも効果があるので、日常的にお家を消毒しましょう。

ただし、赤ちゃんには気をつけてくださいね。

スポンサーリンク