防災グッズはどこで買えるの?絶対に必要なものと必要ないものは?

家計・ライフ

近年は地震だけでなく、豪雨や土砂災害等思いもよらないような災害が起こってしまっていますよね。

いつ災害が起こるかとびくびくして過ごすよりも、出来る限りの備えをして少しでも安心できるようにしておく必要があります。

とはいっても、なにを用意しておくのがいいのかは、なかなかわからないですよね。

そこで今回は、もしもの時に役立つ防災グッズはどこで購入できるのか、絶対に用意しておくべきもの、不要なものは何なのか解説します。

スポンサーリンク

防災グッズはどこで買えるの?


一番のおすすめは、出来るだけ安く済ますことの出来る100円均一ショップです。

100均で意外と多くのものが揃い、品質も申し分ありません。

購入できるものは以下の通りです。

・懐中電灯  ・ライター
・ラジオ   ・軍手
・笛     ・ヘルメット
・ブルーシート ・水
・ナイフ   ・保存食品
・携帯の充電器 ・防寒グッズ
・ウォーターバック ・ろうそく

電池が別売りのものが多いので、電池は別に多めに購入しておきましょう!

100均で揃わない分を、ホームセンターやインターネットで買って足すのが最もリーズナブルに揃う方法です。

仕事等でゆっくり100均にいっている余裕がないという方は、インターネットで防災グッズのセットが売っています。

それで一気に揃えてしまうのが最も手間をかけずに揃えられる方法です。

ランキング上位の一人用防災グッズセットのページを載せておきます。

防災グッズで絶対必要なものは?


最低限準備しておいた方がいいものを紹介します。

頭を守るヘルメット

災害時に壊れた建物や落下物から頭を守るのは最も大切なことです。

常備薬

 
薬は買うことが出来ないので、用意しておきましょう。

水と食料

生きていくのに欠かせないものですね。

3日分用意しておきましょう。

懐中電灯

暗い中を避難する際や、電気が使えない際に必需品ですね。

ラジオ

情報を得るのに必要です。

乾電池式なら一定期間で新しい物に変えることを忘れずに、ソーラーバッテリーが備わっていればなおいいですよね。

予備の眼鏡・コンタクト

逃げる際に視界がしっかりしていないと危険ですので、用意しておきましょう。


スポンサーリンク

防災グッズで必要ないものは?


災害時にもっていく防災グッズ内にはなくてもいいであろうものを紹介します。

必要最低限を防災グッズとすることを前提として以下の物は省いていきましょう。

テント

防災グッズとしてキャンプ用品を揃える方がいますが、避難所に行くことが多いので、屋外でテントを張って過ごすことはほとんどありません。

紙皿、紙コップ

かさばる上に一度しか使用できないので、お皿とコップはプラスチック製のものを数個用意する。

もしくは、サランラップやクレラップなどの食品包装フィルムでいいでしょう。

これらは自宅で備蓄品として用意しておくのがよいです。

ティッシュペーパー

何かと使えますが、防災グッズの中にいれると箱がかさばります。

トイレットペーパーで代用できるので、これも自宅の備品で用意しておくのがいいでしょう。

トイレットペーパーを入れるのなら、芯を抜いてつぶしたものを入れると場所をとりません。

タオル

タオルもかさばりますね。

身体を拭いたりするのは薄い手ぬぐいや、ウエットティッシュで代用できるので、持ち出す防災グッズに入れる必要はありません。

まとめ

防災グッズについて解説しました。

これらは、あくまで基本的に必要だと考えられるものの一例です。

一人一人によって生活スタイルがありますので、紹介したものを参考にしつつ、自分の生活スタイルを考えて、必要なものを選びましょう。

災害に備えて少しでも安心できるような防災グッズをしっかりと用意しておきましょうね。

スポンサーリンク