東京の豊洲に子連れで観光なららぽーと豊洲でご飯がおすすめ

地域・スポット

東京は遊びに行くスポットが数多くありますよね。

旅行で東京に行くとなるとどこに行こうかわくわくします。

ただ“子連れ”となるとハードルがあがります。

子連れで楽しめるスポットって?と、そんな不安を抱える方に、「ららぽーと豊洲」をおすすめします!

実は私もその一人でした。

実際に行ってみたところで一番おすすめだったのが、ららぽーと豊洲です。

他にも、「豊洲」には子連れで楽しめるスポットがいくつかありましたので合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

東京の豊洲に子連れで行くなら


東京の豊洲といえば「豊洲市場」が有名でしょうか。

もちろん有名ですが、実はその他にも観光スポットがあるのです。

子連れにおすすめなスポットをいくつかご紹介します。

チームラボプラネッツ

全身でアートを感じることのできる話題のスポットです。

2018年7月にオープンし、2020年秋までの期間限定で開かれた場所です。

館内には7つの作品があり、それぞれに入り込めてしまう不思議な空間です。

子供の興味を引き出すのはもちろん、大人も十二分に楽しめるおすすめのスポットです。

ワイルドマジック豊洲

様々なエリアに分かれていて、手ぶらBBQができます。

旅行中でも気軽にBBQができるのがうれしいですよね。

「ファミリーエリア」という家族向けのエリアも用意されていて、ハンモックもあります。

大人も子供も楽しめるおしゃれな場所です。

ららぽーと豊洲

豊洲には「ららぽーと豊洲」というショッピングモールもあります。

実はここが私の一番おすすめなスポットです。

買い物するだけでなく、子供が走り回れるスペースも・・・!

後ほど詳しくご紹介しますね。

豊洲に子連れ観光で行くポイント


子連れで観光するとなると、トイレは?エレベーターは?など気になることがたくさんありますよね。

ポイントごとにご紹介します。

トイレ・おむつ替えコーナー

チームラボプラネッツ

多目的トイレがあり、女性トイレにもおむつ替えの台があります。

ベビーカーは中に持って入れないので、入り口のところに鍵付きベビーカースタンドに置きます。

小さなお子様連れの方は抱っこ紐必須ですね。

ワイルドマジック

こちらは残念ながら、オムツ替えスペースや授乳室はありません。

車かテントの中でするのがよさそうです。

ららぽーと豊洲

ショッピングモールなので、安心感があります。

多目的トイレはもちろん、授乳室もあるので、ゆっくり授乳することもできます。

小さなお子様用のトイレもあるので、オムツが外れているお子様にも嬉しいです。

エレベーター

ベビーカーで移動するときにエレベーターの有無は気になります。

最近では、バリアフリー化が進んでいるので心配することも減りました。

チームラボプラネッツはベビーカー不可ワイルドマジックは平面にあるので、エレベーターはあまり関係なさそうです。

ららぽーと豊洲のエレベーターはとても広いので、混雑時でも利用しやすくなっています。


スポンサーリンク

ららぽーと豊洲でごはんなら子連れでも安心


子連れで行くなら、私が一番おすすめなのが「ららぽーと豊洲」!!

「シーサイドデッキ」と呼ばれる海に近いエリアがあり、開放的な空間でした。

海沿いの雰囲気もあり大人も楽しめるスポットです。

広い広場があり、走り回れる

子供が遊べる、動ける場所って大切ですよね。

移動ばかりだとつい飽きてしまいます。

ららぽーと豊洲には大きな広場があり、子供や犬が走り回っていました。

大人が近くで腰掛けるスペースも十分にあるので安心です。

夕暮れ時は、夕焼けがとてもきれいでしたよ。

食事スペースが充実

1階や3階に多くの飲食店があるので、比較的入店しやすくなっています。

1階のお店にはテラス席があり、広場とつながっているのでお食事を楽しみながら、遊ぶ子供を見ることができます。

ベビーカーのレンタルがある

1階インフォメーションでベビーカーのレンタルができます。

また、ショッピングカートに子供を乗せて見てまわることもできるので、抱っこに疲れた時の休憩にもおすすめです。

キッザニア東京がある

子供の職業体験ができる施設「キッザニア」が、ららぽーと豊洲の3階にあります。

キッザニア東京で遊んだ帰りにららぽーと豊洲でお買い物やお食事を楽しむこともできます。

まとめ

子連れで行く豊洲をご紹介しました。

豊洲市場しかイメージがありませんでしたが、子供が楽しめるスポットも多くありますね。

特にららぽーと豊洲はおすすめです。

お子様と一緒に、東京の豊洲を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク