遠距離恋愛の電話の話題や頻度はどんな感じ?毎日テレビ電話はどう?

恋愛・婚約・結婚

春になり、就職や進学で彼氏彼女と離れてしまう方も多いでしょう。

遠距離恋愛って不安!心の距離まで離れてしまいそうで、焦ってしまいますよね?

でも大丈夫。

今はラインだってあるし、お互いに信じていればきっと乗り越えられる!

今回は、過去に遠距離恋愛を経験した私の体験談も踏まえて、遠距離恋愛のコツや連絡の方法、心が離れない為の心得などを伝授します。

スポンサーリンク

遠距離恋愛で電話の話題は?


環境が変わって、親しい人と離れてしまい、不安や寂しさを抱えた気持ち。

新しい出会いや出来事など、全てを一日の終わりに話したい!

そう思うかもしれません。

「新しい職場の先輩、上司はこんな人だよ。」「今日のお昼ご飯は大好きなアレにしたよ。」

など、最初の頃は話題も尽きずに盛り上がり、毎日でも話したい!と思います。

お天気ひとつでも、こっちは晴れていたのにあっちは雨だとか、たわいもない話で時間が足りないくらいに感じるでしょう。

私は、大阪と福岡で遠距離恋愛をしたことがあります。

まだスマホがなかった時代。無料通話なんて、考えられなかった頃です。

あくまでも近況報告、健康で楽しく暮らしているか。

そんな話題で良いと思います。

話題は次々溢れてきますし、無料通話なら料金も気にせず繋いでおけますしね!

素晴らしい時代ですね。今から15年前には出来なかった事です。

話題は何でも良い。

お互いの声を聴いて安らぎ、明日への活力を与えあいましょう!

遠距離になると電話の頻度は?


身体が離れてしまうと、それを埋めようと毎日連絡を取りたくなってしまうもの。

最初の頃は毎日毎晩、今日の出来事を一日の終わりに話して、どんな些細な事でも共有しようとします。

しかし、毎日電話する事が日課になってしまうと、いずれそれが負担になり、心が離れてしまう原因になりかねません。

15年も前の事ですが、私は大阪と福岡で遠距離恋愛をしていました。

今のように、無料通話アプリやラインも無い時代・・・

月の電話代はお互い6万を超え、経済的負担もありました。

今起きたことをすぐに共有したくて、一日に何度も電話しては互いに報告しあっていました。

それが当たり前になってしまい、電話に出ない事や出られない事が段々お互いを苦しめ始めたのです。

なんでもやり過ぎは禁物!足りないくらいが丁度いいのです。

長続きしたいなら、ちょっとの我慢も必要です。

簡単に繋がれるからこそ、簡単に終わってしまう。そうならない為にも、腹八分目。

当たり前と思わずに、お互いの状況を思い遣る事がコツですよ。


スポンサーリンク

遠距離恋愛で毎日テレビ電話するのってどうなの?


今は通話だけでは無く、テレビ電話も無料でできちゃう時代です。

もちろん通信料は発生しますが、とっても便利で羨ましい世代ですね。

しかし、毎日テレビ電話となると、最初は良くても、段々億劫になったり、無駄なケンカが増えたりする原因にもなりかねませんね、最初は良くても。

大事な事なので二回言いました。

お互いの【好き】の気持ちが同じくらいだったとしても、日によって違ったり疲れていたり寂しさが爆発したり・・・

せっかくテレビ電話で顔が見られたのに元気がない。

そんな日だってあります。社会人は大変です。

それを受け入れる事が出来るうちは大丈夫です。

そこに思いやりがあるのなら、毎日テレビ電話は止めておいてあげましょう。

普段はライン程度に留めておいて、週末やゆっくりと時間がある時に、相手を思い遣りながら「テレビ電話しよっか!」が出来れば完璧。

私が遠距離恋愛をしていた頃、一日何度も電話をし合っていました。

ですが、お互いに仕事で出られない瞬間もあります。

それでも、彼が仕事帰りに職場から駅まで歩く10分程の間にかけてくれる電話は、私も必ず出られるように待機していました。

毎日何度も電話をかけあう事が徐々に負担になってきていた彼は、その10分の電話をかけてこなくなりました。

終わりの始まりです。喜んでしていた事が、段々と義務になり負担になる事は当然ですよね。

ですが私は焦ってしまい、「なんで電話してくれなかったの!待ってたんだよ!」と彼を責めてしまいました。

そこからは、あっと言う間にダメになってしまいました。

若かったなぁと、今となっては思いますが、当時は彼の事が中心で私の世界は回っていたのです。

依存してしまっていたのかもしれませんね。

SNSも当たり前になった今、例えば電話に出ない彼を不満に思いながら見た彼のインスタが更新されている!

なんて事になったら怒り爆発。

私からの電話には出ないのに、インスタの更新は出来るのね!?

なんて事にもなりかねません。そしてそれをラインで責める!

恐ろしいですね。彼女に監視されてる気分です。

違うんです。

電話する気分じゃなかった、又は、たまたま更新するタイミングで電話に出られなかっただけなのです。

お互い息抜きは必要ですから、負担にならない程度に留めておきましょう。

大事なのは、距離感と思いやりです。

まとめ

ついつい繋がっていたいと思いがちの遠距離恋愛。

ですがこの機会に、自分も成長するチャンスだと思って色んな事に目を向けてみる事も大事です。

彼に執着せず、視野を広げ、自分を磨く。

そんな時間の使い方をすれば、彼はあなたの事を手放せない存在になる事でしょう。

ラインやテレビ電話に頼り過ぎず上手く活用して、遠距離恋愛を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク