勉強の息抜きに短時間の10分読書で疲れを取ってリフレッシュしよう

趣味・教育

受験勉強や仕事の合間に、何か良いリフレッシュ方法は無いかとお探しの方!

ストレッチやコーヒータイムも良いけど、読書なんていかがですか?

えっ?息抜きに読書?と思われるかもしれませんが、これがとっても効率的で素晴らしい息抜きになるんです。

今回は、短時間読書が良い理由と頭をスッキリさせるリフレッシュ方法をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

勉強の息抜きに短時間でできるものは?


息抜きというと、何が思い浮かびますか?

10分ほどの散歩や、体をほぐすストレッチ、シャワーを浴びたり、太陽の光をあびたり、自然の音を聞いたり、軽い睡眠をとったり・・・

どれも頭を切り替えリフレッシュするにはもってこいですね。

近所を散歩してみると、時間帯によって様々な空気と雰囲気が感じられますし、ストレッチやシャワーは体のコリや血流を良くしてくれます。

昼間ならば、太陽の光を浴びる事で様々なパワーが得られ、川のせせらぎや波の音、鳥の囀りなども気持ちをリラックスさせてくれる良いリフレッシュ方法です。

人によっては、リフレッシュといえばゴロゴロしたり漫画や雑誌を読んだり、ゲームをしたりする事がリフレッシュになる!

という方もいらっしゃるでしょうが、勉強や仕事の合間に作業効率を下げずにできるリフレッシュ方法があるんです。

勉強の息抜きに読書がいい理由


小学校などで実施されている【10分間読書】をご存知ですか?

朝の自習の時間に、10分間だけ本を読む時間を設ける事で、学習に対するスイッチを入れ、頭の回転を良くする事が出来るのです。

大脳が活性化され、新たな神経回路が生まれるとも言われています。

凄いですね!たった10分の読書で、体の中や頭の中でそんな事が起こるなんて。

本を読む事で語彙力も高まりますし、集中力を途切れさせる事無くリフレッシュできるという事です。

記憶力や知的速度の低下も防げるので、勉強の合間の息抜きにぴったりですね!


スポンサーリンク

勉強の疲れにリフレッシュできるものは?


10分から30分程度の軽い睡眠を取るのもおすすめです。

この方法も、高校などで午後からの学習前に実施しているそうですよ。

ベッドや床に寝転ぶのではまく、机に伏せたまま仮眠をとる事が重要なのだとか。

仮眠する前にコーヒーを先に飲むことで、起きた時に頭がスッキリとしています。

カフェインの持つ興奮作用が効き始める時間を、上手く利用した方法ですね。

その他に、好きなアーティストやクラッシックの音楽を10分だけ聞く。

おやつを食べる、大声で歌うなど、気分を切り替え、頭をスッキリさせる方法は沢山あります。

自分に合ったやり方を探してみて下さいね。

まとめ

受験勉強やお仕事の合間に出来そうなリフレッシュ方法やありましたか?

少しでも参考になればと思います。

私のリフレッシュ方法は、チョコレートとコーヒーで一息つく事ですが、その後の作業効率が上がるかと言えば・・・ですが、やる気だけは復活しますよ!

本当はカラオケ大好きなので1時間ほど1人カラオケにでも行きたい所ですが、家事や育児に追われているので、中々時間が取れないのが正直な所です。

皆さんも、良いリフレッシュ方法で気分転換をしながら、無理せずに頑張りましょうね!

スポンサーリンク