白川郷観光ゴールデンウィークの所要時間と1泊2日なら飛騨高山プラン

地域・スポット

東海北陸自動車道が全線開通して白川郷へのアクセスがとても便利になりましたね。

世界遺産の白川郷は一度は見てみたいけれど、ゴールデンウィークはどのくらい混雑するのでしょうか。

せっかくなので飛騨高山や上高地まで足を延ばしてみませんか。

白川郷観光に車で行く人のために混雑予想や観光時間、おすすめのプランをご紹介します。

スポンサーリンク

白川郷観光ゴールデンウィークの混雑予想と所要時間は?


世界遺産に登録された白川郷は約1600人の人口に対して観光客が年間170万を超える人が訪れるそうです!

小さな集落なのでどこへ行くにも人、人、人…。

普通の土日でも混雑しているのでゴールデンウィークや紅葉の時期にはさらに混雑が予想されます。

混雑が予想される時期には白川郷の駐車場である「村営せせらぎ公園駐車場」以外にも臨時駐車場が開放されますが、満車になってしまいます。

また、駐車場に入るまでに60分待ちということもあるのでなるべく朝から駐車場に到着するようにしましょう。

各都市から車で行く場合の所要時間は・・・

東京から約340km(約5時間)

大阪から約310km(約4時間)

名古屋から約160km(約2時間30分)

観光シーズンは高速道路の混雑も予想されますが、朝早く白川郷に着くには夜中に出発するといいかもしれませんね。

白川郷の観光時間と飛騨高山まで行くなら?


白川郷の観光時間は観るところによって変わってきますが、1時間半~2時間くらいでしょう。

私が観光したときは1時間半くらいの滞在でした。

まずは車を停めたせせらぎ公園駐車場から白川郷全体の景色を眺めましょう。

いよいよ白川郷の集落におじゃまします。

実際に人が住んでいるところなので「景観を楽しむ集落」というイメージです。

昔から受け継がれている美しい合掌造りと自然をゆっくりと味わってください。

小さな商店やお土産屋さんがありますが、大きな施設があるわけでもなく、大きなお店もありません。

どこに行っても混んでいるかもしれませんが、並んでも食べてほしい私のおすすめは五平餅です。

NHKの連続テレビ小説「半分、青い」でさらに人気のB級グルメとなった五平餅をぜひ食べてみてください。

朝から観光した白川郷ですが、長くても3時間くらいの滞在になると思います。

午後からは足を伸ばして飛騨高山へ行ってみましょう!

白川郷から飛騨高山までは車で約50km(約60分)とアクセスも良いです。

午後には飛騨高山に到着できるので有名な飛騨牛ランチはいかがでしょうか。

飛騨高山も白川郷とは一味違った古い町並みが楽しめます。


スポンサーリンク

白川郷観光1泊2日おすすめプラン

1日目

7:45

せせらぎ公園駐車場(駐車場は8時から)

白川郷散策

↓ 車(約60分)

飛騨高山

贅沢に飛騨牛ランチ、古い町並みを散策しましょう。

↓ 車(約50分)

平湯温泉

奥飛騨温泉郷最大の温泉です。

周辺には飛騨三大名瀑のひとつである平湯大滝があります。

夕飯前のウォーキングにいかがでしょうか。

宿泊

2日目

平湯温泉

上高地はマイカー規制となっているので平湯からバスに乗って行きましょう。

↓ バス(約30分)

上高地

冬季閉山していた上高地は4月下旬に開山となります。

ゴールデンウィークの上高地は雪が残っていますので服装などには注意が必要です。

ウォーキングをしながら美しい自然を満喫しましょう

↓ バス(約30分)

平湯バス停

まだ寒い上高地で冷えた体を「アルプス街道平湯足湯」で温めましょう。

疲れがとれたら安全運転で気をつけてお帰りください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自然たっぷりの白川郷と昔ながらの町並みがきれいな飛騨高山、ほかにも周辺にはたくさんの観光地があります。

ゴールデンウィークはかなりにぎわっていますので「ここは行きたい!」という場所を決めて時間に余裕を持った計画を立てるようにしましょう。

スポンサーリンク