黒部ダムは富山駅まで車で長野県から往復!駐車場混雑時はどうする?

地域・スポット

黒部ダムは長野県と富山県を結ぶ立山黒部アルペンルート内にあります。

黒部ダムまで車を利用して行く場合、どのように行くと行きやすいか、長野県側から行く方法と、富山県側から行くべきか悩みますよね。

黒部ダムへの車でのアクセス方法について、長野県側・富山県側の両方から紹介します。

まず、富山から車でいくのはどうなのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

黒部ダムに富山から車で立山駅からのアクセス方法


実は立川黒部アルペンルートは中部山岳国立公園内にあるため、車で黒部ダムまで行くことはできません。

車の使用は途中までになりますので注意してください。

車で行ける最終地点の立川駅から黒部ダムへは、79分(所要時間のみ)、10,790円の往復交通費が必要です。

詳しく紹介していきますね。

立山駅までは、立山ICより約40分です。

立山駅には無料駐車場が約900台分、混雑時は臨時駐車場も約600台分用意されていますよ。

立山駅→美女平→室堂→大観峰→黒部平→黒部湖

車を降りた後、立山駅から6回も乗り換えが必要になります。

立山駅→美女平まで

立山ケーブルカーを利用して約7分です。

移動距離:1.3㎞
料金:大人720円(往復1290円)小人360円(往復650円)
運行間隔:20分

美女平→室堂

高原バスを利用して約50分です。

移動距離:23㎞
料金:大人1710円(往復3020円)小人860円(往復1510円)
運行間隔:40分

室堂→大観峰

立川トロリーバスを利用して約10分です。

移動距離:3.7㎞
料金:大人2160円(往復3240円)小人1080円(往復1620円)
運行間隔:30分

大観峰→黒部平


立山ロープウェイを利用して約7分です。

移動距離:1.7㎞
料金:大人1300円(往復1940円)小人650円(往復970円)
運行間隔:20分

黒部平→黒部湖

黒部ケーブルカーを利用して約5分です。

移動距離:0.8㎞
料金:大人860円(往復1300円)小人430円(往復650円)
運行間隔:20分

乗り換えがうまくいかなければ79分どころか、もっと時間がかかってしまうことになります。

黒部ダムまでの往復だと立山駅からは5時間程度かかると考えてください。

料金も時間も結構かかりますよね…

それでは、長野県側からのアクセスはどうなのでしょうか?

富山県の黒部ダムは長野県からのほうが安く行ける?


結論から言うと、長野県側から行った方が断然時間もお金もかかりません!

詳しく紹介しますね。

車では扇沢駅まで行くことが出来ます。

安曇野ICより約60分、大町市内より約40分です。

扇沢駅には無料駐車場が230台、有料駐車場が350台、混雑時には臨時駐車場が600台から800台用意されていますよ。

扇沢駅→黒部ダム

関電トンネルトロリーバスを利用して約16分です。

移動距離:6.1㎞
料金:大人1540円(往復2570円)小人770円(往復1290円)
運行間隔:30分

なんとこれだけです!

富山県側からのアクセスがかなり複雑だったので、驚きますよね。

時間もかかる料金も全然違います。

特別な理由がなければ長野県側からいくのが断然おすすめです。

東京などから行く人はほとんどが長野県側からいっているでしょう。

改めて、富山県側から行く場合と長野県側から行く場合のかかる時間を比べてみましょう。

スポンサーリンク

黒部ダムと富山駅を往復するのにかかる時間は?


上記で紹介した富山県側からのアクセス方法は、車で立山駅まで行く方法でした。

富山駅からのアクセス方法は、すでに紹介したアクセス方法の冒頭に富山駅→立山駅を追加するだけです。

富山駅から立川駅は富山地方鉄道を利用して約46分(快速)です。

料金:大人1200円(往復2400円)小人600円(往復1200円)

分かりやすいように、今回紹介した3つのアクセス方法でかかる時間と料金を比較してみましょう。

富山駅→黒部ダム 約7時間半(往復) 13,190円
立山駅→黒部ダム 約5時間(往復) 10,790円
扇沢駅→黒部ダム 約30分(往復) 2,570円

 

やはり長野県側からの方が圧倒的に早くて安いですね。

ゴールデンウィークの黒部ダムはこちら

黒部ダム観光gwの混雑状況は?富山から車で往復日帰りは可能?
日本でも最大級のスケールを持つ黒部ダムは、富山県東部の長野県境近くの黒部川上流黒部渓谷に位置し、立山黒部アルペンルートのハイライトの一つとして、多くの観光客の人気を集めています。その黒部ダムのgwの混雑状況や、富山県からの移動方法、ルートについて解説します。

まとめ

黒部ダムへの富山駅側から、長野県側からのアクセス方法を比較しました。

ぜひ参考にしてみてください。

暑い夏に大迫力の観光放水を見ると、それだけで涼しくなれそうですね。

家族旅行、目一杯楽しんできてください。

スポンサーリンク