コロナウイルス流行中にビジネス文書の冒頭文やご自愛くださいなど結び方は?

手紙の宛名 ハガキ・手紙の書き方

コロナウイルス感染症が流行中のなかビジネス文書の冒頭文や文章の書き出し方を紹介します。

コロナウイルス感染拡大防止対策でテレワークや時差出勤、ビジネス界もその対策で会社の営業でも拡大を防ぐために、直接面談や応対などを避ける傾向があります。

コロナ対策でビジネス文書を書く時、「ご自愛ください」などの相手を気遣う文章を入れたいところです。

コロナウイルスに関するビジネス文書の結びや締めの言葉などのビジネス文章も必要です。

手紙またはメールなどのビジネス文書の冒頭文やご自愛くださいなどの結び方の文例を解説します。

スポンサーリンク

コロナウイルスに関するビジネス文書の冒頭の挨拶

コロナウイルスに関するビジネス文書の冒頭文にコロナのことについて一言つけましょう。

通常時であれば、ビジネス文書の内容は大きく分けると、冒頭文の時候の挨拶・謝意から始まり、本文での説明、末文として結びの言葉で終わります。

でも、コロナウイルスが流行して大変な時のビジネス界で、定型的な文書を並べても、仕事としては良いですが、何か事務的な感じがしてしまいますね。

そのような時は、冒頭の挨拶にちょっとコロナのことを付け足すだけで、イメージが変わります。

冒頭文の文例を紹介します。

拝啓 ▲▲の候 コロナはいまだ終息せず、貴社も感染防止に大変な努力をされていると存じます。
前略 ▲▲のみぎり 貴社におかれましては、コロナの影響を受けながらも会社一丸となり立ち向かわれ、益々ご活躍のことと存じ上げます。

コロナウイルスでビジネス文書にご自愛くださいをどう書く?

コロナウイルス
コロナウイルス流行中にかかわらず、ビジネス文書を含めて「ご自愛ください」などと文書の結びなどにを書くことが多いですよね。

コロナウイルスに関するビジネス文書では、どのように書くか文例をご紹介します。

コロナ感染に十分注意され、くれぐれもご自愛ください。
コロナの影響を受け、大変なご苦労があるかと思いますが、皆様気を緩めずにご自愛ください。
コロナとの闘いに勝利するのももう少しの辛抱です。健康に留意してご自愛ください。
寒暖の差が大きい季節柄ですが、コロナに負けずくれぐれも無理をなさらず、ご自愛ください。


スポンサーリンク

コロナウイルスに関するビジネス文書の結びの書き方

コロナウイルスに関するビジネス文書の結び方としては、定型的な文書でも良いですが、相手を気遣う言葉をさりげなく書いたほうが良いですね。

文例として次の文書をご紹介します。

コロナ渦で大変な苦労をなさっていると存じますが、くれぐれも安全と健康にお気をつけください。
早くコロナが終息するのを心から祈るばかりです。もう少しの辛抱ですね。
コロナ感染には、貴社におかれましても十分な対応をしていると拝察いたしておりますが、万が一ということもありますので、くれぐれもご自愛ください。
今もコロナ感染に関する緊急事態宣言が解除になっていませんが、お互い社員一同団結して頑張りましょう。
コロナの緊急事態宣言が解除になっても、今後しばらくは感染予防に細心の注意路払い、ご健康でお過ごしください。

コロナウイルス感染拡大防止対策の文章の例文はこちらです。
▼関連記事▼
新型コロナウイルスへの対応についての挨拶文と感染症対策の例文ひな形

まとめ

コロナウイルス感染症の拡大防止対策でビジネス文書の冒頭文も変わってきました。

コロナのことに触れないわけにもいかないビジネス文書ですが、ご自愛くださいなどの相手を気遣う言葉は必要です。

コロナウイルス対策というビジネス文書の冒頭文や結びの文章にコロナ含めた相手を気遣う一言を入れるだけでイメージが変わり、気遣いが相手に伝わるでしょう。

またご自愛くださいという言葉をうまく活用してくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました