訪問介護コロナ対応とマスク着用のお願い例文と手指消毒アルコールがないときの手洗い方法

手洗い ハガキ・手紙の書き方

新型コロナウイルス感染拡大により訪問系サービスの提供にともなう対応や対策をさらに強めていかなくてはならないようです。

訪問介護ヘルパーや訪問看護ステーションなどスタッフを利用者宅へ派遣している場合、訪問事業所からのお願いとお知らせを配布する文章の例文。

新型コロナウイルス感染症の対応対策について利用者へ事業所や会社の方針のお知らせとマスク着用のお願いなどをする文例です。

今後のサービス継続のためのウィルス対策の強化実施をしている旨を利用者やスタッフにも周知するアナウンス文面を紹介します。

「新型肺炎コロナウィルス感染症への対策についてのお知らせとお願い(の文章)」をそのまま使えるように文例と例文を作りました。

訪問ヘルパー事業所、訪問看護ステーションから利用者へのお知らせ例文のひな形としてお使いください。

スポンサーリンク

訪問看護コロナ対応対策のお知らせとマスク着用のお願い例文

訪問介護コロナ対策のお知らせと利用者様やお客様へのマスク着用のお願いの書面例文で使えるものをお知らせします。

現在、新型肺炎コロナウイルス感染拡大防止対策として緊急事態宣言も出されました。

HPサイトでのアナウンスだけでなく、訪問系サービスの訪問ヘルパーや訪問看護、訪問リハビリなどはヘルパーや看護師、リハビリスタッフが利用者の自宅に伺いますよね。

スタッフやその家族などが感染の可能性が出てきて訪問サービスがままならない場合があるかもしれない旨をはっきり伝えて理解していただくことも必要です。

その、新型肺炎コロナウィルス等の対策への対応についてのお願い文章の文例が以下の通りです。

新型コロナウイルス感染症への対策のお知らせとお願い文例

令和〇年〇月〇日

ご利用者様およびご家族の皆様

訪問看護リハビリステーション〇〇

新型コロナウィルス感染症への対策のお知らせとお願い

日頃から、訪問看護リハビリステーション〇〇のサービスをご利用くださいましてありがとうございます。
皆様におかれましては、今回の新型コロナウイルス感染症の拡がりをご心配なさっていることと思います。
そこで、皆様に訪問看護リハビリステーション〇〇の考え方と対応、サービスを続けるための職員体制についてお知らせします。また、訪問看護・訪問リハビリにあたりお願いしたいことがございます。
皆様には、なにとぞご了承の上ご理解くださいますようお願いいたします。

1.訪問看護リハビリステーション〇〇の方針

本ステーションでは現在の状況下であっても、できるかぎり通常通りの訪問看護・訪問リハビリサービスを提供したいと考えています。しかしその際、ご利用者様・ご家族の皆様が新型コロナウイルス感染症にかかる可能性や訪問看護・訪問リハビリを行うスタッフがかかる可能性を想定した対応をいたします。

    1. スタッフ全員、毎日検温を行います。37.5℃以上の発熱やノドの痛み、せき、からだのだるさといった症状が少しでもある場合は、新型コロナウイルス感染症の診断がつかなくても自宅待機とします。
    2. スタッフの家族に発熱者等の症状がある場も同様にし、家族の症状が治るまでの間は自宅待機とします。
    3. 研修会を含め、多くの人が集まる会への参加はしません。担当者会議などで必要不可欠な場合は感染予防対策を行います。
    4. 感染拡大や、学校等の休校・保育園等の休園により出勤困難なスタッフが増えた場合、状態が安定されている方には訪問回数を減らす、訪問時間の変更、また、担当スタッフ以外の者が代わりに訪問することを相談させていただきます。
    5. スタッフは訪問時、洗面所をお借りし手洗いの徹底、マスクの着用、場合によってはガウンを着用する場合もあります。

2.ご利用者様・ご家族様へのお願い

  1. スタッフから訪問前にご利用者様・ご家族様に発熱等の症状がないか、確認をさせていただきます。
  2. ご利用者様が新型コロナウイルス感染症を疑われた場合は、主治医と相談しながら対応させていただきます。
    他のご利用者様への感染を予防するため、症状によっては訪問看護・訪問リハビリを中止させていただくか、訪問を1日の最後の時間に変更させていただくことがあります。
  3. ご家族様に発熱等の症状がある場合は、スタッフが訪問し、ご利用者様の看護やリハビリ等を実施している間は、別室にて待機してくださいますようお願い致します。
  4. ご利用者様・ご家族様も手洗いや咳エチケットを行い、マスクの着用をしていただく事をお願いします。


スポンサーリンク

手指消毒アルコールがないときの手洗い方法

手指消毒アルコールと手洗いは感染症から自分の身を守るためにも人に感染させないためにも必要不可欠です。

新型コロナウイルスに対する感染防止策として、身の回りを清潔にし、人や物と接触する場合、今一度持ち込まない持ち出さないを徹底しましょう。

飛沫感染防止のためのマスク着用を含む咳エチケットはもちろん、手洗い、アルコール消毒等により感染経路を断つことが重要です。

しかし、今、新型コロナウイルス感染拡大防止により、ドラッグストアや薬局からアルコール消毒液や手指消毒アルコールが欠品が続いていて入手困難な状態になっています。

アルコール消毒液の入手が難しい場合には、手指消毒アルコールはなくても石鹸で手洗いを丁寧にするだけでウイルスを除去することは十分に出来ます。

厚生労働省「感染対策防止チラシ(PDF)」

こちらの図解入り別紙をプリントアウトして利用者様に配布することをおすすめします。

厚生労働省からも、社会福祉施設等に向けて身のまわりの清潔を保つことが連絡されています。

訪問系サービスは、相手が身体の不自由で障害を抱えている人が多いためテレワークというわけにはいかないですよね。

厚生労働省からもこのように対応するように言われています。

「社会福祉施設等が提供する各種サービスは、利用者の方々やその家族の生活を継続する上で欠かせないものであり、十分な感染防止対策を前提として、利用者に対して必要な各種サービスが継続的に提供されることが重要である。」と記載していますが、特に訪問系サービスについて、利用者に発熱等の症状がある場合であっても、十分な感染防止対策を前提として、必要なサービスが継続的に提供されることが重要である
厚生労働省「訪問系サービスにおける新型コロナウイルス感染症への対応について」より抜粋

とはいえ、サービス提供者や訪問スタッフが倒れてしまっては事業所が成り立たないうえ、スタッフやその家族、利用者様やお客様も安心して生活ができません。

訪問スタッフとお客様どちらもが守りあえるように、お互いが注意してこのコロナショック危機を乗り越えていきましょう。

まとめ

訪問系のサービスはなかなかテレワークとはいかないですよね。

訪問介護コロナ対応はどうすればいいのかは、スタッフにもお客様である利用者様や患者様お互いにマスク着用のお願いをしなければなりません。

その訪問看護コロナ対応やマスク着用のお願い例文を使って利用者様や患者様に書類で通知しスタッフにも周知しておきましょう。

また、手指消毒アルコールも品薄状態が続き、手洗いの重要性も強まっています。

正しい手洗い方法を知っておくだけで手指消毒アルコールに頼らないウイルス対策ができることも知っておいてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 訪問介護コロナ対応とマスク着用のお願い例文と手指消毒アルコールがないときの手洗い方法 […]

タイトルとURLをコピーしました