ストレス発散できる趣味で解消する方法!おすすめは仕事を忘れるコレ

健康・ヘルスケア

現代社会はストレスでいっぱいです。仕事や人間関係、経済事情などストレスがない人はいないですよね。

仕事などで溜まったストレスをそのままにしておくと、心の病気になってしまうこともあります。

仕事のできる人は上手に遊んでる人とよくいいますが、ストレスを上手に発散するなら、仕事も楽しんでできるようになります。

趣味を通してストレスを発散する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ストレス発散は趣味にして効果的に取り入れる


ストレス発散といってもいろいろな方法がありますね。

一番いいのは、自分の好きなことや没頭できること、つまり趣味を通して発散することです。

よく、趣味が楽しめないという人がいますが、それでは趣味自体がストレスになってしまい本末転倒です。

趣味とは、「無条件で自分が楽しめること」です。

趣味は特技や暇つぶしとは違います。

特技は特定の分野でのスキルが高いことで、暇つぶしとは空いた時間を何かで埋めることです。

ですから、趣味に上手下手は関係ありませんし、時間が空いたからするものでもありません。

趣味のためにわざわざ時間を作りたいと思えたり、純粋に楽しいと感じているかどうかが重要なんです。

趣味を楽しむことによって幸せホルモンと呼ばれるセラトニンが分泌されます。

セラトニンは、物事に積極的に取り組む習慣がつくので、仕事にもよい影響があるんですよ。

楽しんでストレスを発散できるなんて素晴らしいですよね!

ストレス発散方法はまずは仕事を忘れること


ストレス発散で重要なのは、仕事から一旦離れることです。

例えば、自宅で何か趣味をしていてもパソコンやスーツが目に入り仕事のことを考えてしまうなら、ストレスを発散することはできないでしょう。

仕事のことを忘れることができる環境に身を置いて趣味を楽しみましょう。

また、仕事の役に立ちそうな趣味を選んでしまうと、「早く上達しなければ」とか「もっと頑張らなければ」と自分にプレッシャーをかけてしまうので逆効果です。

仕事が脳のオン状態だとしたら、趣味は脳をオフ状態にします。

このメリハリがとても大事なんです。

仕事とは全く関係のない夢中になれる趣味を見つけるなら、脳もオンオフを使い分けることができるようになります。

メリハリのついた生活になり、結果的に仕事によい影響を及ぼします。

でも中には、趣味といっても思いつかないとか仕事が趣味のようなものという人もいるかもしれませんね。

そういう時は、小さいころや学生時代に自分が熱中していたことを思い出しましょう。

時間と好奇心がたっぷりあった学生時代に楽しんだり熱中したりしていたことを趣味として再開してみてはいかがでしょう。

もしかすると、昔のように純粋に楽しむことができるかもしれませんね。


スポンサーリンク

ストレス発散のおすすめ方法とは!?


人にはインドア派とアウトドア派などのタイプがあります。

無理やり自分のタイプと違う趣味を始めてしまうとかえってストレスになる場合が多いです。

まず自分がどちら派なのかを考えてからストレス発散方法を選ぶとよいでしょう。

アウトドア派の人なら、ジョギングやサイクリングはおすすめです。

私もサイクリングが趣味ですが、マウンテンバイクなどの高級自転車ではなく、自宅にある普通の自転車で走っています。

公園の近くや普段あまり通らない裏路地など、地図を見ながら走っていくと、意外な発見がありおもしろいですよ。

季節ごとに変化する花や木々を楽しむことができますし、かわいいカフェを見つけて入ってみたりとプラスアルファの楽しみ方もあります。

友人の中にはフットサルを趣味として楽しんでいる人もいます。

運動神経が悪くてもスキルが高くなくてもみんなで楽しめるのでおすすめです。

ほかにも少し足をのばしてトレッキングやキャンピングなどもストレス発散方法としておすすめです。

インドア派であれば、カラオケはストレス発散にとても効果があります。

一人でも大勢でもいけますし、ダイエットにもなって一石二鳥です。

ほかにコーヒーを楽しむという方法もおすすめです。

コーヒー豆を焙煎したり、引いたりたてたりするのもいいですが、お気に入りのコーヒーカップを集めたり、カフェでの講習会に参加してみたりするなら、さらに世界が広がります。

私の友人にもコーヒーを趣味にしている人がいますが、ストレスがたまっている時にコーヒーをじっくりたてていると心がとても穏やかになるそうです。

事前の準備が大変だったりお金がかかったりすると長続きしないので、まずは手軽にできるものから始めてみるとよいでしょう。

まとめ

ストレスは溜め込むものではなく、発散するのものです!そして趣味は楽しむものですよね。

趣味でストレス発散できるかどうかは、その趣味をどれだけ楽しめるかと熱中できるかにかかっています。

一人でやるもよし、仲間とやるもよし、インドアでもよしアウトドアでもよしです。

ストレスの多い世の中なので、ぜひ自分にあった方法で上手にストレスを解消してくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました