空港で液体を持ち込みできる国際線の場合石鹸やシャンプーは預ける?

交通・アクセス

大型連休に向けて海外旅行の計画を立てる方も多いのではないでしょうか?

出発前、準備をしていると不安になるのが、荷物の預け入れです。

預けるスーツケースに入れていいの?没収されたらどうしよう手荷物に入れられるのは?など疑問がたくさん浮かびます。

機内で洗顔する時や、旅先でお風呂に入る際の必需品である石鹸や液体シャンプーについてご紹介します。

準備の際にバタバタならないよう、今から予習しておきましょう!

スポンサーリンク

空港では液体の持ち込み国際線は厳しい?


国際線に乗る際、出国審査の前に必ず保安検査場を通り、機内への持ち込み荷物をチェックされます。

この時に注意が必要なのが「液体」のものです。

液体物を持ち込むためには、

 ・100ml以下の容器に入れる
 ・1リットル以下のジッパー付きの袋に入れ、1人1袋まで。

という条件があります。

機内に持ち込みたいものは、上記の条件に合うように容器を移し替えたり、小さめのものにしたりする工夫が必要です。

ただし、例外的に100ml以下であっても持ち込み不可のものもいくつかあります。

塗料スプレーや防水スプレーなどです。

反対に、液体物であっても機内持ち込みが認められるものもあります。

医薬品、ベビーミルクやベビーフードなどです。

詳しくは、こちら→国交省のリストをご確認ください。

不安なものは持ち込まずに預ける荷物に入れてしまうか、リストで確認したうえで、ジッパー付きの袋に入れて用意しておくのが良さそうですね!

国際線に石鹸の持ち込みをするにはどうすればいい?


石鹸には、固形石鹸と液体石鹸があります。

名前の通り、固形石鹸は「固形物」、液体石鹸は「液体物」になります。

そのため、固形石鹸であれば上記の制限は適用されず、そのまま鞄に入れて持ち込むことができます。

固形石鹸は使用後に水を含んでべとべとしたり取り扱いが少し面倒ですが、機内に持ち込む場合には固形石鹸のほうが便利そうです。

“手を洗う”という点では、空港内のトイレや搭乗する飛行機に備え付けのものがあるので、そちらを使っても良いかもしれませんね。

ボディソープのような「液体石鹸」は、液体物となり制限されてしまいます。

100ml以下の容器に移し替えて、ジッパー付き(チャック付き)の袋に液体物をまとめて入れましょう。

ジッパー付きの袋に入れておくことで、気圧の変化で中身が飛び出しても、鞄の中に液体物が漏れないので安心です。

スポンサーリンク

国際線に持ち込みするにはシャンプーはどうすればいい?


シャンプーは液体物ですので注意が必要ですね。

液体物を国際線に持ち込む際の条件は上記の通りでした。

そのため、機内にシャンプーを持ち込む際は、100ml以下の容器に詰め替えるか、旅行用の小さいサイズのものを用意する必要があります。

ジッパー付きの袋に、液体物をまとめて入れて、手荷物検査を受けましょう。

飛行機内で使う場面の多い、歯磨き粉やコンタクトの洗浄液など、持ち込みたい液体物は意外と多くあります。

液体物の持ち込みは、1人につきジッパー付き袋1枚になっているので、これら液体物を事前に用意し、まとめて入れておくことをおすすめします。

まとめ

国際線に乗る際の、石鹸やシャンプーの持ち込みについてご紹介しました。

兎にも角にも、“液体物”はすべて注意が必要です。

持ち込む鞄の中の液体物はすべてチェックしておいてくださいね。

手荷物検査が終われば、楽しい空の旅が始まります!

お気をつけて、行ってらっしゃい!

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 空港で液体を持ち込みできる国際線の場合石鹸やシャンプーは預ける?大型連休に向けて海外旅行の計画を立てる方も多いのではないでしょうか? 出発前、準備をしていると不安になる […]