飛行機に持込みできる薬と瓶タイプは制限や禁止に?預け入れは可能?

交通・アクセス

初めての海外旅行、楽しみで仕方ないですよね。

楽しみが膨らんでいく反面、初めてのことだらけで不安に感じることもあるでしょう。

私は初めての海外旅行の際に一番不安だったのが飛行機です。

長いフライトを無事に過ごせるだろうか?

なにかあった際に飲めるような常備薬を持っておきたいですよね。

機内に持ち込める荷物や薬には制限があるようなことを聞いたし…という漠然とした不安でした。

私の場合は海外旅行に良く行っている姉に聞いた上で確認しながら機内持ち込みの荷物を用意しました。

実際に行ってみたら飛行機も快適に過ごせましたし、初めての海外旅行をとっても楽しむことが出来ました。

そんな経験を交えて、飛行機に常備薬を持ち込むルールについて紹介します。

スポンサーリンク

飛行機の持ち込み薬は大丈夫?


酔い止めや風邪薬、胃腸薬など、錠剤と粉薬のものは市販薬でも医薬品でも特に制限なく持ち込むことが出来ます

しかしあまりに量が多いと注意を受けてしまいますし、荷物が重くなってしまいますね。

必要量のみを小分けして持ち込みましょう。

私は機内で必要な量だけを100均のピルケースに入れて持ち込みました。

コンパクトで軽くてとても良かったですよ。

ピルケースに入れる際は、必ず何の薬か分かるようにしておきましょう。

(質問された際に答えられるように、薬品ラベル・処方箋・医師の診断書等を持っておくと安心です)

注意が必要なのは、液体である漢方エキス・栄養ドリンク・目薬等、処方箋のないものです。

つまり、市販薬の液体タイプの物ですね。

これらは100ミリリットルの以内の容器に入れ、1リットル以内の透明袋1袋に収まる分しか持っていけません。

ここだけ注意してください!

ポイントは

・液体タイプの市販薬は注意すること
・どんな薬も飛行機内で必要な分だけ持ち込むこと

です。

飛行機の持ち込み薬の瓶タイプは量的制限適応外


薬だけに限らず、瓶等の割れ物も基本的に機内持ち込み可能です。

(※瓶でも中身が液体である場合は制限がありますので注意してください)

薬の場合も、処方箋がない液体タイプの市販薬には量的制限がありますが、これには例外があります。

コンタクトレンズの保存液・インスリン注射液等、医師からの処方箋が出ていて明らかに必要なものです。

こちらも必要量だけ自由に持ち込めます。

スムーズに保安検査を通過するために、処方箋や診断書等の医薬品持ち込みを証明できるものを持っておき、検査員に提示出来るようにしておきましょう。

もし処方箋等を忘れてしまった場合は、医薬品を持ち込む旨を口頭で説明しましょう。


スポンサーリンク

飛行機の持ち込み禁止薬物の成分が入っていると持ち込めない


基本的に持ち込み禁止薬物の成分が入っているような薬は、普通に生活している上での処方薬や、医薬品に入っているようなことはありません。

しかし特別な理由で麻薬成分の入っている薬を持ち込まなくてはいけない場合、普通には持ち込めませんので注意してください。

所定の手続きが必要です。

(その手続き方法については、厚生労働省へ)

飛行機内に液体や固形物の持ち込みや預け入れができる量はこちら

空港で液体を持ち込みできる国際線の場合石鹸やシャンプーは預ける?
大型連休に向けて海外旅行の計画を立てる方も多いのではないでしょうか? 出発前、準備をしていると不安になるのが、荷物の預け入れです。 預けるスーツケースに入れていいの?没収されたらどうしよう手荷物に入れられるのは?など疑問がたくさん浮かびます。 機内で洗顔する時や、旅先でお風呂に入る際の必需品である石鹸や液体シャンプーについてご紹介します。 準備の際にバタバタならないよう、今から予習しておきましょう!

まとめ

飛行機の持ち込み薬について紹介しました。

薬に関しては、必要なものなのでそこまで厳しい制限はないようです。

しかし、いい旅行にするためにも再度しっかりとルールを確認し、楽しく快適なフライトになるようにしましょう。

初めての海外旅行、目一杯満喫してきてくださいね(^^)

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 飛行機に持込みできる薬と瓶タイプは制限や禁止に?預け入れは可能?初めての海外旅行、楽しみで仕方ないですよね。 楽しみが膨らんでいく反面、初めてのことだらけで不安に感じる […]

タイトルとURLをコピーしました