医療費控除

家計・ライフ

入院時の医療費控除に病衣とおしりふきやオムツは確定申告の対象?

確定申告の季節ですね。 高齢者の方は病院にかかる頻度が高くなり、それに伴う医療費控除の申請が必要になってきます。 そこで疑問に思うことが、入院時に発生した物品等の代金が医療費控除の対象になるのか?ということですよね。 医療費控除の対象は一体どこまでなのでしょうか? そこで、入院時の病衣・差額ベッド代、おしりふき・オムツの代金は医療費の対象なのかについて、確定申告で医療費控除になる入院費用について解説します。
家計・ライフ

確定申告医療費控除入院時の個室代は申請可能?後期高齢者の親の場合

親が入院した際の医療費は、親自身が払うことが一般的です。 でも場合によっては、子供が親の入院費などを支払うこともあると思います。 ただし、確定申告で医療費控除を検討している場合は、医療費全てが対象となるわけではなく、また医療費控除の条件もしっかり把握しておく必要があります。 今回は、入院した場合の医療費控除について解説します。
家計・ライフ

医療費控除は入院が月またぎや年末の年またぎになった場合の確定申告

確定申告の時期になりましたね。 確定申告とは、その年の1月1日~12月31日の1年間で税額を計算します。 本人又は本人と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費が一定額を超えるときは、確定申告でその医療費控除の対象額について所得控除を受けることができます。 これを医療費控除と言います。 ただ、入院などの場合で月をまたいだり、年末年始で年をまたいだりする場合は、確定申告はどうしたらよいのでしょうか? 月またぎの高額療養費と医療費控除や年末年始を年またぎで入院した場合の確定申告の仕方について説明します。
家計・ライフ

確定申告の医療費控除は市販薬のレシートも有効?書き方は税込み?

医療費を一定額以上支払った場合、確定申告をすれば所得税が戻ってくる医療費控除があります。 医療費控除は、その年の1月1日から12月31日までに本人や本人と生計を一にする配偶者や親族のために医療費を支払った場合です。 一定額を超えた分についてその医療費の額を基に計算した金額の所得控除を受けることができるものです。 医療費の中には、入院や通院の他、治療・療養に必要な医薬品(市販薬)も対象になるのをご存知でしょうか? 確定申告の際に市販薬の申請の仕方や、記載の仕方をご説明します。
家計・ライフ

医療費控除とセルフメディケーション税制の違いは?夫婦併用や試算方法

2017年から医療費控除の特例として、セルフメディケーション税制が始まりました。従来の医療費控除とセルフメディケーション税制は、併用して控除を受けることはできませんが、スイッチOTC医薬品を多く購入している方は、どっちが得か検討した方が良いかもしれませんよ。医療費控除とセルフメディケーション税制の違いと試算方法について比較してみましょう。
タイトルとURLをコピーしました