葬儀・法要

盆礼ののし紙と水引の色の選び方!お寺へのお中元・お盆礼ならどうする?

お盆礼を送るときに品物にかける掛け紙となるのし紙の色や水引の選び方について紹介します。 お盆礼を贈るようにと言われたものののし紙をどのように選べばいいか困った経験があります。 また、お盆礼といえばお寺にお中元として贈る場合ののし...
日本の暦・節句

18歳で成人式が民法改正決定でいつから施行?できることとできないこと

民法改正により、成人年齢が20歳から18歳に引き下げることが決定されました。 そのため、成人式や成人になってできること、税金などの内容がどのような扱いになるのか気になるところだと思います。 ここでは、18歳が成人となると成人式はいつから18歳で出席することになるのか、成人式自体の出席年齢を決めるのは誰なのか。 2022年に成人になるのは何年生まれか?18歳・19歳・20歳が一気に出席するのかなどの成人式への疑問。 18歳でできることやできないことがどう変わるのか、結婚や飲酒、税金についての疑問を解決していきます。
日本の暦・節句

大学生は住民票がある自治体で成人式に出席?18歳成人に民法改正されると?

地元以外の大学の大学生になると、一人暮らしや寮にに入り住民票を移すことになると思います。 成人式に出席するには、基本的には住民票の置いてある自治体から招待状が住民票にある住所に招待状が届きます。 成人式と言えば、友達や親のいる地元の成人式で同窓会気分で出席したいことが多いのでそういった場合は、地元の自治体に相談してみましょう。 また、満18歳で成人することが民法改正により決定しましたが、成人式への出席は20歳なのか18歳になるのか、どっちなのか調べましたのでご紹介します。
趣味・教育

18歳成人に民法改正されると結婚やお酒の飲酒は?できることが変わる?

18歳から成人となる民法改正はいつから適用されるかは、2022年(令和4年)4月1日からです。 そこで、今まで日本では結婚やお酒、たばこなど成人(20歳)になってからしかできないと言われていたことの一部が変わります。 18歳で成人というと一般的には高校3年生なので、本人とすれば18歳成人でできることできないことは知っておきたいですよね。 そこで、今回の民法改正により18歳成人でできること、できないことについて、身近な項目についてまとめましたので、ご紹介します。
受験・就職

18歳で成人式になぜ引き下げたのか?受験真っ只中で出席はするの?

成人年齢が20歳から18歳に引き下げる民法改正が、2022年(令和4年)4月1日から施行されるので、2022年4月1日の時点で、満18歳の人や、4月1日以降に18歳になる人は、いきなり成人になります。今日から成人と言っても、実感はどうでしょうか。 それに伴い、今までの成人式では年度内に20歳になる人が出席していましたが、それを18歳にするのかどうか各自治体において検討しているようです。 でも、18歳成人式を1月に行うとしたら、時期的に受験に影響もあると思われるのに、なぜ18歳に引き下げることになったのでしょうか? 引き下げることになった理由と、18歳で成人式をするのか、影響がある受験をどうするのかについて説明します。
家計・ライフ

18歳になっても住民税は非課税?成人の民法改正で税金各種はどうなる?

税金のなかでも身近に住民税というものがありますよね。 その住民税は、18歳は住民税がどうかかってくるのか。20歳未満の未成年であれば、条件によって住民税が非課税になるという年齢要件がありましたが、民法改正により成人になるのが、18歳に引き下げられるのが決定しました。 そこで、年齢要件が18歳成人になった場合の住民税が非課税になる場合や、民法改正の影響で、税金各種がどうなるかについてご説明します。
日本の暦・節句

18歳成人の成人式をいつから自治体が決める?2022年に何年生まれなら

新型コロナの影響で、2020年の成人式は中止や、実施日を変更している自治体がほとんどですね。今回新成人になる方は、残念なことと思います。 その成人式ですが、現在は成人式を行う年度中に満20歳になる人々が対象者となっていますが、平成30年の民法改正により、対象者の年齢を満18歳に成人の年齢を引き下げることが決定となりました。 そこで、成人式の対象者が18歳になるのはいつからなのかというと、成人式を18歳で参加するかどうかを決めるのは各自治体になり異なります。 そこで2022年の成人式は何年生まれが該当するのかについて解説いたします。
タイトルとURLをコピーしました