ハガキ・手紙の書き方

ハガキ・手紙の書き方

お客様への一言メッセージと気の利く一言挨拶文と短い文章例文集

仕事をしていく中で、お客様へのお礼のメッセージを考える機会がありますよね。商品にプラスして一言メッセージがあると、貰った側としては嬉しいものです。ここでは、お客様への一言メッセージの書き方や、一言挨拶文の例、短い文章でお礼を伝える時の例文をご紹介します。すぐに実践できるので、お客様に喜んでもらうためにも是非メッセージを書いてみてくださいね。
ハガキ・手紙の書き方

お中元やお歳暮のお礼状をビジネス相手への例文と宛名の書き方

お中元やお歳暮は、日頃お世話になっている人に贈るご挨拶(品物)ですが、お中元は夏に、お歳暮は毎年お盆と暮れの時期に贈ります。 お中元やお歳暮は、目下の方から目上の方に贈るのが一般的ですが、その場合はお返しの品を贈る必要はありません。 ただし友人、同僚、兄弟などは同程度の品物をお返しします。 マナーとして、品物を送らない場合でも、ハガキなどでお礼状を送りましょう。 そのお礼状の書き方について、ビジネス用の例文や宛名の書き方を解説します。
ハガキ・手紙の書き方

暑中見舞い例文のビジネス文書は一言添え書きで好感度アップ

すぐそこまで迫っている夏に送る暑中見舞い。 ビジネスを行う上ではとても重要なものですので、適した文章をしっかりと知っておきたいところですよね。 取引先の方に少しでも好印象を抱いてもらえるような例文や、添えると良い一言について紹介します。 まず、取引先へ向けた暑中見舞いの例文から見ていきましょう。
ハガキ・手紙の書き方

暑中見舞いをビジネス相手に一言添えるときの文例!取引先への書き方

暑中見舞いは、小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)前に送る季節のごあいさつです。 1年で一番暑い時期に暑中見舞いを受け取ると、暑いなかでも心が和みますね。 ビジネス上のお付き合いでも暑中見舞いを送りますが、仕事上取引先に送る場合ちょっと一言添えて気を使うことも必要ですよ。 ビジネス相手への暑中見舞いの仕事で使える文例や取引先への書き方をご紹介します。
ハガキ・手紙の書き方

医師への手紙の例文は死亡した家族からお礼を主治医へ伝える書き方

入院していた病院で親など家族が亡くなって少し落ち着いた頃。 入院中に、お世話になった病院の主治医にお礼を伝えたいって思いますよね。 ただ、電話するには一方的になって忙しい時間を奪ってしまうし、品物を送るだけというわけにはいけませんよね。 そのような場合、入院中のお世話になった感謝の気持ちを手紙で伝えるというのはどうでしょうか。 医師や主治医へのお礼の手紙について、例文を参考にご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました