日本の暦・節句

日本の暦・節句

お盆に飾ったきゅうりとなすは終わったら食べるの?どう処分する?

お盆になると、きゅうりとなすに足を付けて飾り、ご先祖様をお迎えする慣習があります。 主に関東から北の地域で行われている慣習で、精霊馬・牛、お盆馬と呼ばれる盆飾りで、ご先祖様があの世とこの世を行ったり来たりするときに使う乗り物としてお供えしています。 お盆にお供えしたきゅうりとなすは終わったら当然片付けることになりますよね。 このきゅうりとなすの場合も何かの料理にして食べるのでしょうか?または食べないで処分したほうがよいのでしょうか?お盆のきゅうりとなすの処分方法について紹介します。
日本の暦・節句

お盆お供えのきゅうり馬となす牛の作り方と足に使うもの!地域別飾り方

日本には季節によって色々な慣習がありますが、お盆のお供えにきゅうりとなすを使った精霊馬・精霊牛というものがあることをご存知でしょうか? 見た感じは、なすときゅうりに足が生えたような形状なので、作り方はとても簡単です。 またこの形は馬と牛を意味するもので、お盆にご先祖様が家に戻ってくるときや帰って行くときに使用する乗り物と言われています。 お盆といえばなすときゅうりに足があるお供えと知られているので、全国的なお盆の慣習のようですが、地域や地方によってお供え方が違うので、わかりやすく解説します。
日本の暦・節句

土用の丑の日の意味を分かりやすく簡単に説明うなぎを食べる理由!

土用の丑の日の意味を分かりやすく簡単に説明します! 日本では夏の暑い時期になると、夏バテ防止のためにうなぎを食べる習慣がありますよね。 特に夏の土用の丑の日には、全国的にうなぎ料理店やスーパーなどの店頭でも事前に予約などの告知が行われ、当たり前のようにうなぎを食べる人が多いですよね。 でも、土用の丑の日の意味や、何故この日にうなぎを食べるのかということを、正しく理解している人は少ないのではないでしょうか。 そこで、土用の丑の日の意味とうなぎを食べる理由について分かりやすく簡単に説明したいと思います。
日本の暦・節句

初盆の仏壇の飾り方と祭壇に置くお供え物は真言宗ではどうする?

故人が亡くなって初めてのお盆が初盆ですね。 初盆の時期には、仏壇とは別に特別な祭壇を用意してそれを飾り付けることがあります。 飾りやお供え物にもお盆独特のものが多く、宗派によっても違いが出てきます。 ご主人の実家で初盆を迎え、盆飾りを飾るような機会がある場合は、間違いなくしっかりと飾り付けたいところですね。 初盆の仏壇・祭壇の飾り方、真言宗ならではの飾り方についてわかりやすく解説していきます。 まず、仏壇の飾り方から見ていきましょう。
日本の暦・節句

兜と鯉のぼりどっちにする?男の子の初節句に飾る意味と時期

かわいいお子さんが産まれたご家庭は、間もなく初節句の季節を迎えることになります。 子供の成長を祈る行事ですので、しっかりと準備して迎えたいところですね。 男の子の場合、兜と鯉のぼりがありますよね。これはどちらも用意して飾った方がいいのでしょうか? たとえマンションの場合でも、どうにかして鯉のぼりも飾るべきなのでしょうか? 初節句の準備にあたってぶつかる疑問を解決するために、兜と鯉のぼりは両方必要なのか、マンションの場合どうするのか、それぞれの持つ意味と飾る時期や期間について解説します。
タイトルとURLをコピーしました