成人式

日本の暦・節句

18歳で成人式が民法改正決定でいつから施行?できることとできないこと

民法改正により、成人年齢が20歳から18歳に引き下げることが決定されました。 そのため、成人式や成人になってできること、税金などの内容がどのような扱いになるのか気になるところだと思います。 ここでは、18歳が成人となると成人式はいつから18歳で出席することになるのか、成人式自体の出席年齢を決めるのは誰なのか。 2022年に成人になるのは何年生まれか?18歳・19歳・20歳が一気に出席するのかなどの成人式への疑問。 18歳でできることやできないことがどう変わるのか、結婚や飲酒、税金についての疑問を解決していきます。
日本の暦・節句

大学生は住民票がある自治体で成人式に出席?18歳成人に民法改正されると?

地元以外の大学の大学生になると、一人暮らしや寮にに入り住民票を移すことになると思います。 成人式に出席するには、基本的には住民票の置いてある自治体から招待状が住民票にある住所に招待状が届きます。 成人式と言えば、友達や親のいる地元の成人式で同窓会気分で出席したいことが多いのでそういった場合は、地元の自治体に相談してみましょう。 また、満18歳で成人することが民法改正により決定しましたが、成人式への出席は20歳なのか18歳になるのか、どっちなのか調べましたのでご紹介します。
受験・就職

18歳で成人式になぜ引き下げたのか?受験真っ只中で出席はするの?

成人年齢が20歳から18歳に引き下げる民法改正が、2022年(令和4年)4月1日から施行されるので、2022年4月1日の時点で、満18歳の人や、4月1日以降に18歳になる人は、いきなり成人になります。今日から成人と言っても、実感はどうでしょうか。 それに伴い、今までの成人式では年度内に20歳になる人が出席していましたが、それを18歳にするのかどうか各自治体において検討しているようです。 でも、18歳成人式を1月に行うとしたら、時期的に受験に影響もあると思われるのに、なぜ18歳に引き下げることになったのでしょうか? 引き下げることになった理由と、18歳で成人式をするのか、影響がある受験をどうするのかについて説明します。
日本の暦・節句

18歳成人の成人式をいつから自治体が決める?2022年に何年生まれなら

新型コロナの影響で、2020年の成人式は中止や、実施日を変更している自治体がほとんどですね。今回新成人になる方は、残念なことと思います。 その成人式ですが、現在は成人式を行う年度中に満20歳になる人々が対象者となっていますが、平成30年の民法改正により、対象者の年齢を満18歳に成人の年齢を引き下げることが決定となりました。 そこで、成人式の対象者が18歳になるのはいつからなのかというと、成人式を18歳で参加するかどうかを決めるのは各自治体になり異なります。 そこで2022年の成人式は何年生まれが該当するのかについて解説いたします。
日本の暦・節句

成人式の出席ハガキ出し忘れたり案内状をなくしたりしても参加できる?

成人式の式典の案内状(招待状)は、前年の11月から12月中に送られてくるのが一般的です。成人式に出席するには、案内状にある往復はがき(返信用ハガキ)に出席・欠席の返事を書いて期限以内に自治体へ返送します。 成人式の該当者の中にハガキを出し忘れたとか、そもそも成人式の案内状自体なくしたという人が必ずいます。 そういう場合でも慌てないで、参加できるので安心してください。 成人式への参加(出席)について往復ハガキを出し忘れたり、案内状をなくしたりした場合でも参加出席する方法をご紹介します。
日本の暦・節句

成人式の案内状が来ないときどうする?欠席すると記念はもらえないの?

成人式への案内状が来ない場合、出席するしないに関わらず不安になりますよね。 成人式の案内状は全国統一ではなく、それぞれの自治体により時期も方法も異なります。 そして気になる成人式に欠席すると記念品はどうなるのでしょう。成人式に出席しないと記念品はもらえないのかの確認の仕方も紹介します。
日本の暦・節句

成人式に行きたくないとき親の説得方法!欠席理由はどう伝える?

成人式に行きたくない時に親をどう説得するかですが、アンケート調査では、成人式の出席率は約6割で4割の人は欠席しています。 親は楽しみにしていて着物やスーツを揃えてくれようとしますよね。 でも本人にしてみれば、成人式に行きたくないと思っている人も多いので欠席理由をまとめました。 成人式に本人は欠席したい行きたくないとき、楽しみにしている親に欠席理由をどう伝えるとよいのかをまとめましたので参考にしてください。
タイトルとURLをコピーしました