庭・ガーデニング

庭・ガーデニング

粘土質の土壌改良にパーライトや米ぬかは有効?資材を使うタイミング

念願のマイホームを購入すると、家庭菜園やガーデニングをしたいという方がほとんどだと思います。でも土壌が粘土質の場合では、雨が降るとヌルヌル、乾くとカチカチになるのには、まいってしまいますね。そのような粘土質の土壌を、自分好みの庭に改良してみませんか。 家庭でできる粘土質の土壌改良の方法をご紹介します。
庭・ガーデニング

庭の水たまりを埋めるより水はけを粘土質から改善するdiyがおすすめ

マイホームの庭が、水たまりができるほど水はけが悪い場合は、家庭菜園やガーデニングをしても植物が育たないということが多いです。そのような庭の水はけを良くする方法ですが、高い料金を払ってプロの業者に頼むのも、ちょっともったいないですよね。 庭の水たまりに悩んでいる方に、ホームセンターなどで購入できる資材を使って、DIYでできる水はけ改善法をご紹介します。
庭・ガーデニング

カメムシ対策ベランダネットやハッカ油は効く?ベランダで使える商品

カメムシはちょっとした隙間があると、いつのまにか家に進入して壁を這い、照明の周りをブンブン飛び回ったりします。 そして、つかまえようとして刺激を与えると、強烈な悪臭を放つのが憎たらしいですよね。 そのカメムシ対策として、ベランダのネットやハッカ油などが有名ですが、その効果はどうなのでしょうか?また、他にベランダで使える、カメムシ対策の商品をご紹介します。
庭・ガーデニング

チューリップの球根を買う時期と植える時期は北海道ならいつ植え付け?

寒い冬が終わり春になると、たくさんの綺麗な花が咲き誇りますよね。 なかでも、チューリップは身近な花ではないでしょうか? 赤、白、黄色とカラフルな花を咲かせ、春の訪れを感じることができるチューリップ。 そのチューリップを綺麗に咲かせるためには球根を買って準備する時期、寒冷地での注意点などを知っておく必要があります。 ここで簡単に、北海道や東北の寒冷地でチューリップを植える時期などをお教えしますね!
庭・ガーデニング

桜の盆栽は北海道でも毎年花を咲かせられる?お手入れと越冬について

ピンクの花が可愛い桜の盆栽を購入し、これから初めての冬を迎えます。 寒い北海道での越冬ですが、春には花が咲くのを見たいし、その後も毎年継続して花を咲かしたい。 そのような北海道での盆栽のお手入れ方法についてご紹介します。
庭・ガーデニング

土壌改良とヨーグルトも米ぬかも発酵がキモ!乳酸菌で堆肥の発酵促進

皆さんは、「米ぬか乳酸菌」をご存知ですか。名前の通り、米ぬかを発酵してできる乳酸菌のことで、さまざまな使い途があります。この記事では、家庭菜園の土壌改良に米ぬか乳酸菌を使用した時の効果について紹介しています。家庭菜園の土壌をより良いものにしたいという方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。
庭・ガーデニング

カメムシ対策は玄関にハッカ油をまくといい?大量発生の場合は?

カメムシは、カメムシ亜目に属する昆虫のうち、カメムシ科などの陸生昆虫の総称です。 夏になるとどこからともなく発生し、ヘコキ虫やクサムシ、ヘッピリなどと呼ばれて、皆に嫌われている臭い害虫です。 窓を閉めていても入り込んで飛び回り、照明などにコツコツぶつかるのを見ると嫌な気分になりますね。 そんなカメムシの自宅での対策方法をご紹介します。
庭・ガーデニング

土壌改良資材の品質表示基準は?庭をDIYで砂質を改善するには

土壌改良とは、耕作や植栽に不適な土壌に土壌改良のための資材を投入して、作物や花などの生育に適した環境に改良することです。 水はけの悪い粘土質に排水性のある砂質土の投入や、保水性が悪い砂質土に粘質度やピートモスなどの保水性の良い資材を投入することで知られています。 その土壌改良資材の品質表示基準や砂質土の庭をdiyで改善する方法をご紹介します。
庭・ガーデニング

土壌改良剤で水はけをよくしよう!パーライトで粘土質の土も改善

庭の水はけが悪いと気になるときは、暗渠管(あんきょうかん)で地下に水を流す方法が一般的です。 でも工事は費用がかかるし、今植えている木や花をどうしようかと悩みますよね。 そのような方は、土壌改良剤を使うことで、庭の水はけが良くなることをご存知でしょうか? 工事に費用をかける必要もないし、草花に良い栄養のある土に生まれ変わります。 そのための土壌改良剤はどのようなものか、どのように使うかをご紹介します。